上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
前回、ゆうちゃんの新たな作品たちを紹介しましたが、

なんと、この作品を使って、面白いことをやってくれた友人がいました。

昨日、電話をもらって知ったのですが、

福祉系の大学で教えている彼女は、

なんと、ゆうちゃんの作品を授業に取り入れてくれたそうなのです。

ゆうちゃんの作品を学生達に見てもらい、

作品から感じることを話し合ったり、タイトルを自分なりに付けて、

作者の気持ちを考えてみる。という授業をやってくれたそうなのです。


こういう方向からのアプローチっていうのも面白いかも?

作品からつながりが生まれたらいいな。

という彼女の思惑通りに、学生達は食いついきてくれたらしく、

その盛り上がりは、想像以上のものだったらしいのです。


聞くと、学生達の発想が実に楽しくて。

彼女自身も、その豊かな発想をとても楽しめたそう。


面白かったものを教えてもらったので、ちょっと紹介しますね。

P1020767.jpg

タイトル→ 【STB46】
せんたくばさみ46個 (笑)


P1020784.jpg

タイトル → 【おもてなし】
お客さんを待っている感じがするから。 


P1020723.jpg

タイトル → 【オープンカーでGO!】
オープンカーで爽快に走っている感じ。


P1020814.jpg

タイトル → 【告白】
いわゆる、「ねるとん」ってやつで、
「おねがいします!」と、告白する風景らしい。(笑)
一人に集中しすぎやー!と、大いに盛り上がったらしい(笑)


P1020845.jpg

タイトル → 【鮭の放流】
なんで鮭やねん!ってツッコミがあったらしいですが(笑)
バッ!と放流するような、そんな勢いを感じた!とのことらしい。



いやぁ~実に面白いですよねぇ~。

「STB46」は、めっちゃウケました。数えてくれたんや。(笑)

「オープンカーでGO」も「鮭の放流」も、言われてみれば、なるほど!と思えるからスゴイ(笑)

「ねるとん」って言葉は、たぶん今の学生さんは知らないんよね?(笑)



「ゆうちゃんのお陰で楽しい授業になったよー」と、電話をもらって、

本当に嬉しかったです!!

ゆうちゃんの作品が、こんな発想を生み出すなんて。

作品を通じて、誰かが何かを感じてくれたことは、きっとゆうちゃんにも伝わるはず。

つながり、っていろんな方法やカタチがあっていいよな、って感じました。

今、こうして生まれたつながりが、

またいつかどこかで根づいていってくれたら嬉しいな~と思いました。

Aちゃんに心より感謝!
スポンサーサイト
2012.10.31 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
ゆうちゃんの新しい作品を紹介したいと思います。

前回、「最近のこだわり行動」とあえて書きましたが、

我が家では、その行動を「こだわり」と捉えるのではなく「作品」として観ています。

まぁとりあえず、みてやってください(笑)

P1020819.jpg

P1020723.jpg

P1020767.jpg

P1020784.jpg

P1020845.jpg

P1020814.jpg



いかがでしょうか。

こんなのが家中にあるんです。

空間がキャンバスとなって、あちらこちらにゆうちゃんの作品が!(笑)

これはもう、芸術ダー!と捉えて楽しむ他ありませんよね。(笑)


とはいえ、

ありとあらゆるものをそこらじゅうから引っ張り出してきて、

あっちこっちに並べられてしまうから、

いつでも微笑ましくその状況を眺めている、ってわけにもいきません。

例えば…。

並んでいるものが生理用ナプキンだったり。(さすがに、ひえー!ってなりました。


ガサガサとなにをやっているんや?と思ったら、こんなんだったり↓

P1020821.jpg


フローリングのお掃除シートが全部ひっぱり出されて並べてあったり


「芸術作品ダー!」と、思ってはみるものの…。

さすがに、「これはやめてー!」「出したらいけません!!」と、

声を荒げてしまうときも実は結構あったりします。(汗)


「やめなさい」と言葉でいくら言ってもやめられないのが、こだわりの行動。

それなら、やっちゃいけないものは、隠してしまおう!ってことで、こんなものを取り付けました。

P1020824.jpg

鍵です。

これ、靴箱なんですが、

靴は、全部靴箱から出されて玄関に並べられてしまうので、

靴箱に鍵をつけて、触られては困るものは、この中に収納することにしたのです。

この鍵のお陰で、怒らないといけない(制止させること)が、ぐんと減りました。


ゆうちゃんを変えることは難しい。

なら、こちらがどう変わるか?なんですよね。

(これは、対人関係においてはどんな場合でもそうですよね。)

こだわり行動に対して、どう対応するか?は、

いつも関わる側が問われているんだ、と考えなければいけません。

ゆうちゃんは、ほんとに色んなことをやってくれるんで(汗)

その都度、考えさせられること多し…です。


・・・・・


遊ぶ【あそ・ぶ】 / 岡本太郎

空間とは生活だと私は言った。

同時に、生活とは遊びである。遊びというと無責任だったり、

いい加減だと考えがちだが、それは間違いだ。

むしろ、言葉をかえて言うなら、徹底的な自由とでも言うべきだろう。

とかく一般の人々は遊ぶことが苦手のようだ。

ものごとを自分一人で自由に考えることができない。型にはまってしまう。

たとえば誰でも身近に目で見ることができ、タッチできる空間として、

住まいのスペースを考えてみよう。家、とか部屋とか言っただけで、

人はすぐに図式どおりの形を思い浮かべる。

なんとはなしに、今までよく見たことのあるような、

既成の様式に限定してしまうのだ。

格好がつかない、といったことばかり考えて、ほんとうの自分の欲望、

よろこびを、どこかに置き忘れてしまうのである。


・・・・・


一般ピープルな私には、学ばさせられること多し!

ただ、芸術は爆発だー!なんだろうけれど、

そばにいる凡人にとっては、ややこしやー!ってのが本音だったりするんじゃないかな、と思うのでした。
2012.10.17 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
三連休、淡路島へ行ってきました。

忙しかった個展を終え、やっと一息。

ただ、忙しかったのはハハだけのことでゆうちゃんの毎日はなんら変わらず。

個展へも、なんとか2度、閉店間際に連れていけただけで、全く動いてくれず。


個展の最中は、チチハハの動きが取りやすいように。と、

ハハの実家でずっと過ごさせてもらったのですが、

実家でも、家からほとんど出ようとせず、最近始まったこだわり行動が続いていました。

(最近のこだわり行動については、また次書きたいと思います。)


個展でバタバタしているのは、ゆうちゃんのまわりだけであって。

本人は、いたっていつも通り。

だから、ゆうちゃんの為にやっていることではあるのだけれど、

ゆうちゃんにとっては、自分のことをかまってもらえない、そんな時間になっていたと思うのです。

もちろん、ゆうちゃんだって、自分のことで動いてくれていることはきっと分かっているのだろうとは思うけれど、

ゆうちゃん自身が望んでやっていることではないし。

ゆうちゃんは、誰かに見せようとか、認めてもらおうなどと思って描いているわけではないのですから。


そこらへんがとても難しいところなので、

個展が終わったら、ゆうちゃん中心の毎日に気持ちを切り替えないと。と感じていました。



そこで三連休は、今一番お気に入りの淡路島へ。

P1020804.jpg

はい、モンキーセンターです。(笑)

実はこの時期、サル山の状況は、5%しかおさるさんに会えない状況なのだそうですが、

(ここに詳しい案内が載っています)
http://www.monkey-center.com/index.php?page=information

なんと!ゆうちゃんが訪れた時には、一組の群れが下りてきてくれていたんです!!

会いに来てくれたんやろか?(笑)




そして、今回、淡路島ではじめて遭遇した珍しいものがコレ↓



落札されてゆく牛さんたち。

P1020793.jpg

うぉー!こんな近くで乳牛以外の牛を見たのはじめてかも。


P1020798.jpg


綱を引かれて…トラックに乗せられていくその姿は、まさにドナドナ。

リアルドナドナ!

しかも、その隣でバーベキューをしている!というなんともシュールな光景も。(笑)




淡路島にいると、フリーズしまくりのゆうちゃんとは全く違い、サクサク動くゆうちゃん。

家でもサクサク動いてくれるためには、どうすれば良いのか?

うーーーーん。

ゆうちゃんを動かす魅力的な何かを提供できるようがんばりまっす。
2012.10.09 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
「ぼくには世界がこう見える」

ゆうちゃんの作品展、盛況のもと無事に終えさせて頂きました。

みなさま、本当にありがとうございました。

P1020752.jpg

開催中、驚くべき人との出逢いがたくさんあり。

これまで知らなかったところで、さまざまな繋がりがあったことが発覚し、

驚きの一週間でした。

世間は狭い!というか…。なんと不思議なご縁なんだろう…。と。

目に見えない不思議な引力を感じた時間でもありました。


開催後、ある方から頂いたメールを、すみません!勝手に載せちゃいます

・・・・・・・・

なんといってもゆうちゃんの世界観というか、

世界とのつながりや役割が発揮されたんですよね。

私たちもゆうちゃんがいなかったら、

ゆうちゃんがゆうちゃんでなかったら会えなかった人たちと会えてるわけですから、

立派な仕事だとおもいますね。

出会いを生む魔法使いですね。


・・・・・・・・


出会いを生む魔法使い。

なんと素敵なんでしょう!!

そして、その魔法は、なんと次の個展へと繋がったのです!(ほんまに魔法みたい!)

詳細は、決まり次第報告させていただくとしまして、

とりあえずは、今回の作品展の様子を見ていただこうと思います。

P1020753.jpg

P1020756.jpg

P1020760.jpg


個展といえば、

ギャラリーに展示されている絵画展なんかを想像される方がほとんどだと思うので、

はじめてカフェへ来られた方には、少し驚きがあったのではないか?と思います。

でも、はじめてこられた方から、『足あと帳』にこんな素敵な言葉を頂きました。


・・・・・・・・

ギャラリーだと、なんとなく緊張してしまってゆっくり絵を見ることができなかったけれど、

食事しながら、お茶を飲みながら、ゆっくり絵を眺めていると、

それぞれの絵の描き表わしたいことが、わたしなりに分かるような気がして、

やっぱりじっくり鑑賞することが理解のもとになるのかな、と教えて頂きました。


・・・・・・・・


とても嬉しい言葉を頂き、本当に嬉しかったです。

P1020761.jpg

そして、今回の作品展で人気を集めたのが、

こちらの「ゆうさくのあいうえおうた」です。

P1020762.jpg

この作品は、中学3年間の訪問教育で、担任の先生と一緒に作り上げた、

先生の愛がこもった「あいうえおうた」です。

当時、ゆうちゃんに「字」を教えたい!と言う私の思いを汲んでくださり、

ゆうちゃんの為に作ってくださった50音の詩です。

「あ」            「い」

あしたも           いろんないのちが
あなたに           いっしょに
あいたいな          いきてる
あには            いまが
あいが            いちばん
あふれてる          いとおしい


このようにして、「あ」から「ん」まで、先生が作ってくださった詩を

筆とペンを使ってゆうちゃんが一枚一枚書いたものです。

「あ」から最後の「ん」まで作ってくださったこの詩は、一生の宝物。

あとから先生にお聞きすると、

「あ」からはじめちゃったけど、途中で苦しくなってた!と。

この詩を全部読んで下さった方ならわかってくださると思うのですが、

例えば、「な」の詩。

ながれるもの
ならべること
なつやすみ
なんでだろう
なぜかすき

ゆうちゃんの好きなもの嫌いなもの、

ゆうちゃんのことを知っていないと決して書けない詩なんです。

先生の愛がいっぱい込められた本当に心に響く作品なのです。


今回、一番人気だったのが、この「ぬ」

ぬすっとにも
ぬすめない
ぬくぬくの
ぬくもり


「本にしないの?」
「カルタにしたらいいんじゃない?」

なんていう言葉を頂き、嬉しい限りです。

ゆうちゃんのために作ってくださったものだけれど、

ゆうちゃんだけでなく、

たくさんの方の心に届けることができたことを、とても幸せに思います

そして、この「ゆうさくのあいうえおうた」写真集を作ってくださった

写真家の田渕睦深さんにも感謝!

   実は、「あいうえおうた」の後に、

   ゆうちゃんの家での様子を撮ってもらったものが入っているのですが、

   「これって、素人の写真じゃないよね?」と、みんなに突っ込まれましたー!

そうなんです。素敵な写真家さんに撮ってもらったものなのです



そして、最後になりましたが、

絵本カフェholoholoさんになにより感謝。

一週間ずっと通っていたので、お2人にお会いできないのがなんだか寂しいです。

今度は、ゆうちゃん連れてゆっくり絵本を読みに行きますね☆



ゆうちゃんの魔法によって、出会えた皆様に深謝!

遅くなりましたが、取り急ぎご報告まで。
2012.10.02 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。