上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
掘りたて筍をダンボールいっぱいぶん頂きました!

P1020276.jpg

タケノコって、美味しいし大好きだけど、下茹でするまでが面倒なんですよね。

すごい量の筍を前に、、、嬉しい反面これ全部どないしよー!?と

でも、せっかく頂いた旬の筍。(あ、筍って、竹の旬って書くんでしたね。)

手間をかけないと美味しいモノはいただけませんから、

がんばって茹がきます!(笑)

全部茹がいたら、ゴミ袋一杯分の竹の皮が。

P1020277.jpg


ご近所さんに配ってもまだ無くならないので

筍づくし!といってみました


まずは定番から。

『木の芽和え』

P1020278.jpg

『筍ごはん』

P1020281.jpg

『甘辛煮』

P1020283.jpg

そして、ゆうちゃんも食べれるように!と。

はじめて挑戦してみたのが、『筍の和風ポタージュスープ』

P1020279.jpg

筍とじゃがいものポタージュ。白味噌で味付けしてます。

ただ、欲張って筍を入れすぎてしまい、少々エグみが(汗)

でも、ゆうちゃんが食べてくれたのでOK!!

メインディッシュは、『春巻き』といってみました。

P1020285.jpg



これだけ作っても、まだ筍あるんですけどー!

誰か食べにきてくれません?(笑)
スポンサーサイト
2012.04.25 Wed l お料理・その他 l COM(4) TB(0) l top ▲
先日お知らせ致しました、ゆうちゃんの絵が表紙となりました

三好正彦著「連携と協働の学童保育論」が発刊となり、我が家にも届きました


じゃーん!こちらです。

P1020241.jpg

開封は、もちろんゆうちゃんにお願いをしました。

さて、反応は?と、(ハハひとりワクワクしながら)様子を見守っておりますと、

パラパラ~~と見ただけで、特に反応なし(笑)

「ふーん」って感じの顔してました。(笑)



開くとこんな感じに。

P1020269.jpg


カバーを外すと、そこには別の絵が。

P1020270.jpg


そして、ページをめくるとそこにもゆうちゃんの絵が!

1ページ

なんと、ゆうちゃん画3点をも使ってくださいました。


それにしましても、

なんとステキな装丁なのでしょう

ゆうちゃんの絵が、こんなステキな表紙になるなんて

ハハが言うと、ただの親ばかに聞えるかもしれませんが

手にとって下さった方からも、

「カッコイイ」「ステキ」「オシャレ」「センスいい!」

とのお声が届きましたので、たんなる親ばかだけではないかと・・・?


そして、もう一つ嬉しいことに、

この度なんと、原稿料なるものが頂けるのです!!

(原稿料というよりも謝礼といった方が近いのではありますが

金額がどうあれ、代価が発生するということに大きな意味があります。

まさか、こんな日がくるなんて…。

もうほんっっとに感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます

これからも、感謝の気持ちを忘れず、

ゆうちゃんの活躍の場が広がっていけるようハハも努力していきたいと思います。

取り急ぎ、表紙のご紹介まで。

内容と著者については、読了後紹介したいと思います。(なんせ論文ですから


解放出版社のHPは、こちら
amazon で購入可。
2012.04.21 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(6) TB(0) l top ▲
春休みを境に、ゆうちゃんに大きな変化がありました。

それは、 廊下生活からの卒業 です。

昨年の春頃からはじまった廊下生活。その時の記事は こちら

あの時、廊下に簡易テーブルを置いて、そこで食事(ミックスジュース)をさせてしまったことから、

「廊下で食事をする」というこだわりが出来てしまいました。

「廊下で寝起き」 は、なんとか数日で終わってくれたのですが、

食事だけは、食卓テーブルの席には絶対に着かず(汗

お腹が空いてくると、簡易テーブルを自分で持ち出してきて、

ここが自分の定位置。とばかりに、廊下に座り「じゅーす」「じゅーす」と言い始めます。

こちらとしても、

まずは、 「食べてくれること」 を最優先としていますので、

どこであろうと食べてくれればいいやー。くらいの気持ちで、食事を運んでいました。

が、しかしです。

一ヶ月が過ぎ、3カ月、半年・・・と過ぎてきますと、

だんだんと、一緒に食卓テーブルに着いて食べて欲しい!という気持ちがわいてきます。

とはいえ、一筋縄でこだわりを変えるゆうちゃんではありません。

何度も、「こっちで食べようよー」と、食卓に用意をしても、

断固!廊下から移動する様子はありません(涙

ただ、唯一の望みは、自宅以外の場所で食事をする場合は、(外出先や旅行先など)

嫌がらずにみんなと一緒のテーブルに着いてくれること。

ですから、旅行から帰ったときなどは、これをきっかけにこだわりを打破しよう!と、

簡易テーブルを隠したり、簡易テーブルを食卓の横に持ってきてみたり、、、

と、手をかえ品をかえ…色々と試してみるのですが、全く譲ってはくれず。(涙

あきらめの気持ちになったり、いやいや、絶対このこだわりを終わらせてみせるぞー!

と意気込んでみたり(笑)という日々でした。



そんな中、先日出かけた淡路島(一泊)から帰った日のこと。

帰宅するなり、ダッシュで(ゆうちゃんが車から下りる前に)

廊下の簡易テーブルと椅子を隠しました。

食事の際、廊下のテーブルと椅子がないことに気がついたゆうちゃんは、

「つくえ」「いす」と言って、キョロキョロしています。

そこで、「ゆうちゃん、こっちに用意できてるよー」と、

(内心どうするやろ?と思いつつも)至極自然に(笑)誘ってみました。


すると、ど~でしょ~~。


何事も無かったかのように!あっさりと、食卓テーブルに着いたのです

やったぁ!!!!と、内心大喜びしつつも、、、いたって冷静に(笑)

一緒のテーブルで食事をすることが出来ました。

その日を境に、廊下の生活からやっと卒業することが出来ました。

めでたし、めでたし!

と、終わりたいところではあるのですが、

一つこだわりが終わったら、また一つ、はじまることもあります。

そのことについては、また追々書いていこうと思いますが、

まずは、もう一つ変化があった、食事内容についても書いておこうと思います。


固形のモノを食べなくなってから、

牛乳ベースの果物入りミックスジュースが主食でしたが、

徐々に変化をつけていくうちに、

温かい野菜スープが飲めるようになってくれたのです。


この鍋いっぱいの野菜スープがゆうちゃんの食事一日分です。

P1020237.jpg

例えば、

この野菜スープに、焼いた海老の身と生クリームをプラスしてミキサーにかけます。

すると、めっちゃ美味しい海老クリームスープになります。

(これ、ほんまに美味しくて、ゆうちゃんだけでなく夕食の一品になりました

スープに蒸したジャガイモを足してミキサーにかけると、ビシソワーズスープに。

トマトを足してトマトスープや、ご飯を足してドロドロの雑炊など。

とにかく、野菜スープをベースにすると、何でも飲んでくれるようになったので、

作り手としましては、大助かり。(牛乳の消費量も随分減りました。)

そこで現在大活躍なのがこのブレンダー。

P1020239.jpg

流動食や離乳食を作る方には、超オススメです。




いったい、何をきっかけに(ゆうちゃんの中でどうゆう変化があって)

こだわりが終わったのか?は、そばにいる親でもわかりません。

必死になって終わらせようとがんばっても、終わらないときは終わらないし、

終わる時は今回のようにあっさりと終わってしまう。

ただ一つ言えるのは、

あきらめてしまってはダメだ、ということ。

今回も、「食卓テーブルで食べて欲しい」という気持ちをあきらめずに、

働きかけをやめなかったから。

新たなこだわりが訪れようとも、このことは忘れずにいようと思います。
2012.04.19 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
さくら さくら と、桜が溢れかえっていますが


マイジョギングコースの桜は、まだもうちょっと、ってところです。

ダム

お花見サンデーは、丹波篠山へ。

こちらは、桜はちらほら。まだ梅が咲いていました。

篠山城

篠山城跡。

夕陽がとーってもキレイで、

なんだか、チェリーブラッサム http://www.youtube.com/watch?v=-m93lw3iZB0&feature=related

をうたいたくなるような(笑)そんな夕陽でした。


なっにもーかもーめっざめーてくーあったらーしいーわたしー


聖子ちゃんのチェリーブラッサム。

今でもイントロを聴くだけで、きゅんとなる一曲です。

中学生の頃を思い出し、

そして、早くに他界してしまった同級生のことを思い出します。

亡くなってから10年を区切りに、

ご自宅へのお参りは遠慮させてもらっていますが、

満開の桜の中、旅立っていってしまった彼のことは、

桜の季節がやってくると、自然と思い出してしまいます。

わがままでジコチューなヤツでしたから(笑)

「おれのこと、絶対忘れんなよ」って。

桜の季節にいなくなってしまったのかなーって。


はなびら舞い散る~きおく舞い戻る~


と、まぁ。物思いに耽っていられるのもつかの間。

今日から、気持ち新たに新年度です。

ゆうちゃんは、学年ひとつ上がって高校2年生になりました。

始業式にはギリギリ間に合いませんでしたが、とりあえず登校することができました。

先生方の異動はほとんどなく、

心穏やかに進級できることが、なにより嬉しいです。

今年度は、一日でも多く登校できることを目標に、がんばっていきたいと思います!
2012.04.09 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
なぜか?

ゆうちゃんは、プリンのことを 『しゅーぷりん』(語尾が上がる発音で)

といいます。

シュークリームとプリンがくっついてしまったのか?

ちなみに、シュークリームのことは、『けーき』です。




「きょうのデザートよ~!」

と、冷蔵庫から取り出すと

「お!こじゃれてるやん♪」とチチ。


お味の方は?

「お!とろけるプリン♪」

と、プリン好きのチチにお褒められました!イエイ!

実は、プリンじゃなくて、バニラババロアなんですけどね

焼かずに作れるので、とても簡単!

牛乳    200cc
卵黄    2個
砂糖    30グラム
ゼラチン   3グラム
生クリーム 100cc
バニラビーンズ 

材料はこれだけ。

作り方は、ほぼ混ぜるだけ。(って、アバウト過ぎ?笑)

我が家のシュープリンです。
2012.04.06 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
3月のライオン 7巻!

3月のライオン

久しぶりに漫画読んで泣いてしもた。



5巻の終わりから、6巻~7巻にかけて、将棋の話からは少し離れ・・・

学校でのいじめ問題が取り上げられています。


中学3年生のひなちゃんは、
クラスでいじめられていた友人をかばったことから
今度は、自分がターゲットとなってしまう。


「いじめ」の問題をテーマにするのって、とても難しいことだと思うんです。

そんなリスクをしょって、どう収束させるのだろう?と、

少々不安げに6巻7巻と読み進めてきたのですが、

すごいです。感動しました。

たぶん、これが今出来るベストな解決だろうな、と思いました。



いじめる側、いじめられる側、次のターゲットになるのを恐れるクラスメイト。

クラスの中に、いつの間にか出来上がっているカースト。

見て見ぬふりの教師。

ここに描かれていることって、

多かれ少なかれ、誰もが経験あることなんじゃないかな、って思う。

追体験してしまうことになるのだけれど、

3月のライオンのスゴイところは、誰もに「救い」を持たせているところ。

「心の闇」は、決して善悪だけで解決できるものではなく、

いじめる側にも、教師にも「救い」は必要だと思うから。


この漫画に救われる人がきっとたくさんいるだろうな…。

そう思いながら7巻を読み終えたら、

なんともタイムリーに大阪で 羽海野チカ原画展  が開催されていることを知り、

これは行っとかなあかんやろ!と、

梅田へ出かけたついで(?)に立ち寄ってきたのですv


土曜日だったこともあって、会場はたくさんの人で溢れてました。

作品一つ一つをじっくり見ている人がほとんどで、

みんな一列に並んで一作品ごとに移動するので、

とても時間がかかり(汗)あんまり時間がなかった私は、

セリフのある原画はあきらめて、空いているところから飛ばし飛ばし見て廻ってきました。

とても驚いたのは、

会場に用意されていた羽海野先生へメッセージノートに、

みなさんとても熱心にメッセージを書き込まれていたこと。

これほどまでに愛されているんだ~と。

羽海野チカさんの人気の高さと、漫画の持つ力に圧倒されて帰ってきました。


・・・・


ところで。また余談なんですが。

会場の『羽海野先生のお部屋エリア』というところに、

なんと! 

スガシカオさんからのロンドンみやげ

なるものが展示されてあったんです!


実は、羽海野チカさんって、

スガシカオファンであることを公言されておられて、

ハチクロの真山くんは、シカオちゃんがモデルであるとかないとかw

なので、羽海野さんが描くメガネ男子は、

なんとなくシカオちゃん色をかもし出していて  ほっとけないのです(笑)


ま、そんなわけなので。

「スガシカオさんからのロンドンみやげ」前で、

(シカオちゃんがこれを買っている姿なんかを)しばらく妄想。(笑)

みにいってよかったー!!!と、大満足で帰ってきたのでした
2012.04.03 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。