上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
仲間が、 大阪でひとやすみプロジェクト というのを立ち上げました。


東北の子どもたちに大阪でひとやすみしてもらいませんか?

福島原発事故による放射性物質の放出が続く中、

福島県内の子どもたち、若者、妊婦さんたちの健康が心配される状態が続いています。

福島県内のあちこちで高い放射線量が観測されているのは新聞やテレビで報じられているとおりですし、

政府は「安全だ」と言うけれども本当だろうかと多くの保護者たちが心を痛めています。

福島の子どもたちと放射線被曝の問題は、

20ミリシーベルト問題で内閣参与の小佐古敏荘氏が抗議の辞任をしたことでも大きな話題となりました。

成長期にある子どもが放射線の影響を受けやすいことは、国際的に確認された事実です。



原発に対する考え方にはさまざまな違いがあったとしても、

この国に住む大人の責務として、

福島の子どもたちに少しでも健康的で安らげる環境と時間を提供することについては、

みなさんが賛同してくださるのではないでしょうか。

福島から遠く離れた関西に暮らす私たちにいったい何ができるかを語り合う中で、

放射能の影響で不安な日々を送る子どもや保護者を受け入れるショートステイのプロジェクトを立ち上げることを決意しました。


「大阪でひとやすみ」という名前には、

ふるさとへの深い思いやそれぞれのご事情から長期的な移住が困難であっても、

困難な中で心をはりつめた日々を少し離れてちょっとひとやすみをしてもらいたい、

放射能の不安のない場所でゆっくりと心身を休めてもらいたい、そんな思いをこめました。

福島原発の報道に一喜一憂する大人たちを見つめながら必死に耐えている子どもたち、

実際に放射線量が高い地域に暮らす子どもたち、

放射能汚染による公園の使用制限などのために十分な遊びの機会がもつことができない子どもたち。

同じ国に住む大人として、彼らと手をつなぎたいと思います。

ホストファミリーとして子どもを受け入れてくださる方、

親子で来られる方のために部屋を提供してくださる方、学習のお手伝いをしてくださる方、

外出時の引率や遊び相手になってくださる方、そのほかさまざまな人手が必要となります。

また、このショートステイを継続的な取り組みとするため、6月より賛同金へのご協力も呼びかけていきます。

震災復興支援等でなにかとご負担の多い中でたいへん恐縮なのですが、こちらもご検討いただければ幸いです。

 どうか皆様のお力をお貸しください。なにとぞよろしくお願いいたします。



まずは、「現状を正しく知る」ことから、

いわき市の小学校の先生を招いての報告会があります。

私ももちろん参加します。

このプロジェクトに賛同しご協力してくださる方がいらっしゃいましたら、

私、もしくは、大阪でひとやすみプロジェクト にある連絡先までご連絡頂ければ、と思います。

どうかよろしくお願い致します。



福島原発に隣接するいわき市に暮らす小学校の先生からの報告   
       私が体験した原発震災
地震、津波、そして放射能と隣り合わせの日常の中で

       2011年6月25日(土)

時間 :1時30分~4時 (開場1時15分)

場所 :大阪市立市民交流センターなにわ 202号室

(大阪環状線「芦原橋」駅下車、南口改札を出て道なりに南へ 100m)

講師 :下山田富戸さん (いわき市在住 小学校教員)

ゲスト:末田一秀さん  (はんげんぱつ新聞編集委員)

参加費:800円

a00bacf86561bfcb7e75050f62812524.jpg




スポンサーサイト
2011.05.31 Tue l BF研 l COM(6) TB(0) l top ▲
『慈悲と天秤』 を読み終えました。

慈悲と天秤

僕には生きる価値などない気がします。
 ただの人殺しですから・・・僕は。

 男性2名に集団で凄惨なリンチを加えた挙げ句、
 生き埋めにして殺害した小林竜司。
 小林との対面・文通を重ねてきた著者が、
 自身の半生を省みながら、死刑摘要基準の曖昧さや、
 真実の贖罪とはなにかについて考察したノンフィクション。

 ポプラ社




副題にあるとおり、この本は、2006年6月に起こった

「東大阪集団暴行殺人事件」の主犯格とされ死刑判決が下された

小林竜司と著者:岡崎正尚さんとの対話。ノンフィクション。

記憶に残っている方もおられると思いますが、まずは少しこの事件のことを。


事件は、生き埋めにされた(F・S)が、交際中だった女性が友人(徳満優多)と、

メールのやり取りをしていたことに腹を立てた事にはじまる。

俺の女に手を出すな的に、殴り合いのケンカがはじまり、

お互いが友人に相談して仲間を集め、暴行事件へと発展していく。

最初は、F・S 側が、徳満とその友人(佐藤勇樹)を拉致し暴行を加え、

暴力団の名前をちらつかせて、「50万円もってこい」と強迫する。

「南港に沈められるんと、生駒に埋められるんと、どっちがええんや」と脅された佐藤は、

幼馴染である(廣畑智規)と(小林竜司)に助けを求める。

小林は、自分たちの手では負える事態ではないと思い、一度は警察に被害届を出すのだが、

廣畑は小林の考えに反対して、被害者達への報復を考えた。

小林も佐藤も最終的にはその計画に同意し、

「金を払う」と(F・S)達を呼び出し拉致、生き埋めにして殺害する。

詳しくは→ウィキペディア


この事件を知った時は、

こんなヤクザの抗争みたいなことが、身近(大阪で)しかも大学生達の間で起こったことにとても衝撃を受けました。

そして、生き埋めにされた二人は、脅した相手に自分が脅したようにされてしまったわけですから、

因果応報といいますか、もちろん一線を超えてしまったことは絶対に許されることではないのですが、

正直、どちらも同じ穴の住人。どっちもどっちやなぁ…と思ったことを覚えています。



この著者:岡崎さんは、現在、法科大学院に通う大学院生。

そして彼は、ADHD・アスペルガー症候群 の診断を高校生の時に受けている。

発達障害のある彼は、その障害の特徴である

「特定の事柄に対する異常なまでのこだわりとコミュニケーションのぎこちなさ」 ゆえの生き難さをお持ちで、

小林との対話をしながら、その内面を正直に切実に語られている。

小学・中学時代は、馬鹿にされたりいじめにあい、登校拒否になったことも。

人付き合いが上手ではなく、これまでの対人関係はろくでもない思い出の方が多い。と、書かれている。



そんな彼が、小林と手紙のやり取りをはじめたのは、ごく私的な関心と同情心からだったという。

少し抜粋してみると、

私は死刑廃止論者でもなければ、何らかの人権団体に参加しているわけでもない。

それにもかかわらず死刑判決を下された人間と文通を始めたのは、ごく私的な関心と同情心からだった。

彼が拘置所で日々どのようなことを考えているのか、事件前と比べてどのように変わったのかに興味があった。

それに、彼に下された判決には、裁判で見せた反省の念や事件の経緯を考えれば、重いのではないかと思った。

だから、減刑の為に少しでも力になれないかと考えた。

彼は一審二審で死刑判決を受けている殺人者であったが、私は文通をすることに躊躇を感じなかった。

犯行の経緯や公判での態度をみれば、仮に出所したとしても、再び人に危害を加えるとは思えなかったからだ。

文通を開始してからは、手紙を送るたびに、上告趣意書を書くにあたってなるべく刑を軽減させるのに役立ちそうな情報を同封した。


彼に死刑になってほしくないという気持ちは、文通を続けるにつれ強まっていった。

他にも何かできることはないかと考え、

彼について書いた本を出版したいと思った。

最初は自分で書くのではなく、誰かプロのジャーナリストに書いてもらえないかと考えていた。

現在の彼の姿をありのままに書いてもらえれば、ただの凶悪犯とは思わずに支援してくれる人も出てくるかもしれない。

まず、出版界に縁のありそうな、私がよく読んでいるブログを書いている人に、

死刑制度や犯罪問題に興味がありそうなジャーナリストを紹介していただけないか、と無理を承知でメールを送ってみた。



それが、この本の第一歩。

そこから幾人かの出会いを経て「慈悲と天秤」が出版されることとなるのです。


なんといいましょうか、、、私は、そのこと自体に強く惹かれました。

それは、映画  イントゥ・ザ・ワイルド  を観たときと同じような、

"人との「縁」というものの不思議さ"を感じずにはいられなかったから。



そして、「死刑になってほしくない」という岡崎さんの小林への強い思いは、

ご自身を見つめ直すことにも繋がっていくのです。


わざわざ証人として出廷してくれる友人がいる小林のことを、

自分がもし同じような立場になったとしたら、情状証人として出廷してくれる友人がいるだろうか?と自問し、

友人との手紙の交流さえも、友人に迷惑をかけないよう気を遣っている小林を見て、

自分にはない、言葉を交わさずとも確かな信頼に結ばれた小林と友人たちの関係、

こうした人間関係を構築できる小林を、少しうらやましくも思う。とさえ書いている。

文通を続けるうちに、二人の信頼関係はどんどんと強くなっていく。


私にとって小林は大切な人間だった。

私の人生の中で、小林ほどお互いに誠意をもって接した人間はいないかもしれない。

交流を続けるうちに、小林の誠意と、思いやりが伝わってきた。

小林が死刑になることは信頼できる相手を失うということであり、これに優る苦痛はない。




読みすすめていくと、小林の生育歴にも触れることになる。

小林は、これまでの人生でいじめや虐待といった被害を受けてきている。

父親から日常的に暴力を振るわれ、ある時は、玄関先に一日中手を縛られて放り出された。

父は母にも暴力を振るっており、母は虐待に耐えかねて、小林を置いて家出したことも。

酷い経済的困窮でもあり、家庭環境が、どれほど劣悪だったかを想像することは出来る。

どこにも逃げ場がない、そんな生活の中で、心配してくれた数少ない友人が、佐藤だった。

大切な友人が理不尽に傷つけられ、しかも暴力団に脅されていると聞かされれば、

強い怒りと危機感を抱いても不思議ではない。

しかし、裁判においてはこれらの事情はほとんど顧みられてはいない。



このようにして、

岡崎さんは、「何とかして小林を助けたい。」その一心でこの本を書き上げられるのです。


無期懲役が求刑された事件や死刑が求刑されて無期懲役になった事件との比較や、

(これについては、
 小林の事件より悪質な事案でも、無期懲役になった被告人が幾人も存在している)


そのほか、「未決囚の請願作業」についてや、「恩赦」について。

(「未決囚は作業をしてはならない」という法律はなく、請願作業できるのだか、
  現在の状況は、受刑者ですら「作業待ち」で、作業自体がないのだそう。)

(「恩赦」というのは、日本ではほとんど耳にしませんよね? 
  "24"では、しょっちゅう出てきますが!


「被害者家族」と「加害者家族」

加害者家族支援団体NPOワールドオープンハート)について。


など、様々なことが調べられ詳しく書かれています。


そして彼は、最後をこんな風に結んでおられます。

小林はもやは社会にとって脅威ではない。

だから、その死が社会に与えるものはなにもない。

この死刑は不当であるだけでなく、完全に無意味だ。

そして、再生を果たそうとする人にわずかばかりの慈悲を注ぐことは、そこまで大きな罪悪なのだろうか。


私の「これから」は完全な空白だ。

法科大学院に希望はなく、最近の就職事情は極めて厳しい。

まともな職につけるかわからないし、豊かな人生を歩むことができるかは、さらに不透明だ。

だが、小林の「これから」は、わずかな数ヶ月後に結論が指定されてしまった。

それでも、死を突きつけられた小林は、澄み切った心の平穏を得て、静かに未来を見つめている。

命を失う恐れはない私は、余裕をなくし未来に慄いていた。なんとも滑稽な対照だ。

しかし「これから」が恐ろしくても、希望が見えなくても、私は歩き続けなければなない。

私自身が、私の人生を掴み取るために。そして小林の「これから」を見届けるために。




「アスペルガー」と「死刑囚」という二人の青年。

 決して交わるはずのなかった二人の人生は、

『死刑』 というものによって出会い、お互いの心を通わせていく…。

でもそこに未来はない。


本の帯には、

死刑制度の是非をいまいちど問う と書かれてある。 


そうなんですよね…。

この本を読むと「死刑について」考えさせられます。


そもそも、自分は、死刑について何を知っているのだろう?

存置派か廃止派か?

そう問われたらみなさん答えられますか?


世界は、廃止への流れとなっていて先進国で死刑を存置しているのはアメリカと日本だけ。

数々の冤罪。

そして、死刑が犯罪抑止力を持たないことを考えると、

(宅間のように「死刑になりたいから人を殺す」という人がいるのなら)

死刑は廃止するべきなのかもしれない。

でも、もし当事者となったならと考えると、簡単に答えが出せない。

もし家族が何の落ち度も無く殺されたりしたら、

私はきっと本村さんのように、

「死刑にならないのなら早く世に出してほしい、自分の手で殺すから」と言うと思うから。



この先、

"絶対に犯罪に巻き込まれない"という保障はどこにも無いし、

"裁判員"に選ばれる可能性だって無いとは言えません。

「死刑」というシステムについて。

いまいちど一歩踏み込んで、誰もが考えてみなければならないのではないか、と思いました。


『慈悲と天秤』は、そんな機会を与えてくれる一冊です。。

ぜひ、たくさんの人に読んで頂きたいな、と思います。
2011.05.26 Thu l 本・アート・音楽・映画 l COM(4) TB(0) l top ▲
またやってしまいましたー

15日の日曜日。

タイトルからお察しの通り…

「マラソンのレース」と「ゆうちゃんの運動会」

前回、反省したにも関わらず…またかぶってしまったのです

数ヶ月前のマラソンエントリー時に、

「運動会の日程」などというものが私のメモリにあるはずもなく…

気がついたのは、高等部の入学式の日。

もらった書類の中の年間行事予定表を見て… ガーーーーン。

うわぁ!またやってしもた!と、あわててもあとの祭り。

おそるおそる…チチにその事を言ってみると、

「二人で運動会行ってきてもいいで」と案外あっさりと言ってくれたので、

お言葉に甘えて、私はマラソンへ参加させてもらってきたのです。

(当日、お弁当を作ってくれたばあちゃんにも感謝しなくてはなりません。
   :すみませんお世話になりっぱなしです。)


とまぁ、そんなわけで。

日曜日、私は「奥びわ湖健康マラソン」15kmを走ってきました。

新緑の湖岸を走るとっても気持ちの良いコース。(お天気にも恵まれてホントに気持ちよかった!)

途中、走り抜けていく民家では、お葬式をやっていたり…と、とってもローカル!

喪服を着た人達が一時動きを止めて、ランナーを笑顔で見送ってくださる姿が印象に残り、

2000人のランナーに見送られるお葬式って、なんかいいよなぁ~なんて思いながら走ってましたw

チップでの計測はなく、記録は自己計測。

完走賞は、地元のシルバーさんたちが手書きしてくれる!という、

なんともローカルでアナログ~なレースでした。

一応、記録は 1時間21分12秒

一時間半を目標としていましたので、満足のいく走りでした。



そしてもう一方の、ゆうちゃんの運動会。

「どうだったー?無事に参加できた?」と話を聞くと、

意外にも?返ってきた返事が、ゆうちゃんのことではなく先生のことでした。


「高等部の先生、なんじゃーありゃ。ぜんぜんあかんやん!」と、

めずらしくぼやき始めたチチ。


「なになに?なにがあったん?」と詳しく話を聞いてみると、

学校へ到着するなり、靴箱で動かなくて固まってしまったゆうちゃんを、

先生方が必死で動かそうとしてくださったらしい。


実は、このところゆうちゃん(戸締り大臣)は、

学校到着後は、まず「戸締り」から一日がはじまる。

一週間ほど前に、小学部の教室へ入っていってしまったことがあり(窓や扉を閉めまくり)

授業の妨げになるので、以後、小学部への入室は禁止されてしまいました。

禁止されても、扉は閉めに行きたい。

入ってはいけないことは分かっている。でも、気持ちは入りたい。だから座り込む、固まる。

それが最近のゆうちゃんでした。


運動会当日もまさにその状態だった様子で、

頑固なゆうちゃんは、座り込んだらそれはもう足に接着剤がついているのかと思うほど、

その場に固まって動かない。


そこへやってきた先生は、

「はやく体育館へいこう」「そっちは行ったらダメ」

「ダメ」 の一点張りで、余計にゆうちゃんは身体を硬くしていたのだそう。


あぁぁ…><これじゃぁ、絶対にゆうちゃんは動かへんで!と、内心呆れていたチチは、

見かねて、「私が連れて行きますから、先生方、先に行っててください」と、言ったらしいのですが、

「いやいや大丈夫ですから!」と、、、融通がきかない先生><


そうしていたところへ、中学三年間担任をしてくださったゆうちゃんの先生が来て下さり、

「ゆうちゃん、あそこの窓一つだけ閉めていこっか!」と、声をかけてくださると、

サッと立ち上がって動くことができたそう。


チチ曰く、

「高等部の先生ら、全く融通きかんなぁ~。

 中学部の先生の方がよっぽど機転が利いたで(笑)」

とのこと。



高等部へ進学してから、私が少々気になっていたことを、

チチがバッサリ斬ってくれたので(笑)

早速! 「チチの意見」 として、連絡帳に書かせて頂きましたw


(ちょっとだけ抜粋)
・・・・

先生方がゆうちゃんの気持ちに寄り添おうとして下さっていることは、

とても良く伝わってきたのですが、

「ダメ」一辺倒ではなく、少し目先を変える工夫とか、前向きな提案をしてやってほしいのです。

(例えば、昨日のように「ダメ」を少しだけ譲って窓一つだけ閉めていいよ、など)

ゆうちゃん自身、こちらが言っていることは理解しているので、

「ダメ」なことは分かっている。でも、窓を閉めたい気持ちは抑えられない。

なので、その気持ちを汲んで妥協案を与えてやって頂けると、スムーズに動けると思います。

・・・・

すると、返ってきた連絡帳には、 

少し目先を変える工夫  前向きな提案

アンダーラインが引かれてあった。(笑)

そして、「試行しながらやっていきたいと考えています。」とのこと。


やわらか~くお願いします!と、

家庭訪問の際に、ゆっくりと話をしようと思いますw



というわけで、結果的にはレースと運動会がかぶってしまったことで、

"チチと二人で運動会へ参加" という機会を持つことができました。

チチの視点で学校生活を見てくれたことは、本当に良かったです。



そういえば、ゆうちゃんに障がいがある、と分かった頃。

障がい児を育てていた先輩お母さんに、こんなアドバイスをされたことがありました。


「障がいのある子どもを育てるって大変なこと。

 一人では絶対に無理。

 大事なのは、どうやって父親を巻き込むか?やで。

 しっかりと、おとうちゃんを巻き込んで子育てしいや!!」と。



今度、その方とお会いする機会があれば、

しっかりと巻き込んでますよと、話をしたいなぁ~と思いますw
2011.05.18 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(6) TB(0) l top ▲
『ブラック・スワン』 観てきました。

black_swan_pos-01.jpg

すごい映画でした。

幽霊も犯人も出てきませんが、すんごい怖かったです。

エンドロールが終わってもしばらく立てないくらい。

立ち上がったら、足がガクガクしてて階段踏み外しました(笑)



バレエ『白鳥の湖』

正反対の性格であるオデット(白鳥)とオディール(黒鳥)は、

通常一人二役。同じバレリーナが演じる。


その主役を掴むために、

壊れていく彼女の精神状態は、それはそれは恐ろしいんだけれど。

私がゾッとしたのは、母親との関係。

自分の夢を娘に託し、娘に依存する母。

その歪んだ愛情にゾッとさせられました。


ナタリー・ポートマン 素晴らしかったです。

久しぶりに取り肌が立った映画でした。
2011.05.11 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(10) TB(0) l top ▲
大型連休が終わりましたー。

いや、、ほんとはカレンダー通りのはずだったのですが、

"休みモード"に入ったゆうちゃんは、学校をお休みしまして、

勝手に大型連休にしちゃいました。(先生ごめんなさい)


そして、連休中は今年も 金沢 へ!

毎年GWに金沢のY家にお邪魔するようになって…5年?いや6年近くになるでしょうか。

もうね。親戚みたいなもん?です。:笑(と、勝手に言ってます:汗)

「金沢のY家とはどういう関係なのですか?」(←よく聞かれるので)との質問にお答えすると、

もともとの出会いは、私が高校生の頃。

高校のPTAの役員をしていた私の母と、Y家のおばさんとが出会い、意気投合?したことが

我が家とY家とのはじまり。

PTAでの母たちの出会いですから、最初、私達子ども同士の面識はありませんでした。

しかも学年違いだったので、(私の方が1つ年下)私にとってYさんは、先輩。

Y家は、おじさんの仕事の関係で大阪に4年間だけ住んでおられ、

先輩の高校卒業とともに、金沢へ戻られたのでした。

金沢へ帰られてからも、母とおばさんとの繋がりは深く、時々金沢へ遊びにいったり、

また大阪へ来られる時は、我が家に泊まったり…。との関係が続き、、、

気がついたら、(高校時代は殆んど接することはなかったのですが)

私と先輩もすっかり友達になっていて、

先輩が結婚されて九州へ移られた際には、九州へも遊びにいっちゃうwくらいの関係になっていました(笑)

そんな関係から…そこに今度はチチとゆうちゃんが加わり、

…今に至る。といった感じなのです。



おばさんと私の母とは、私の高校時代からの付き合いですから、

Y家との関係は、もうすぐ30年になろうとしています。(すげー!)

ほんとにすごいことですよね。

おばさんと母とが、お互いを思いやって付き合いを続けてきたからこそ今があるのだ、と。

その事に心から感謝したいです。

「旅行」は、お金を出せばいくらでも可能だけれど、

お金では買えないものを、たくさん与えてもらっている。

金沢へ行くと、いつもそう実感するのでした。

Y家のみなさま、本当にありがとうございました。


写真は、千里浜の様子。


P1000505.jpg


「潮干狩りへ連れて行ってくれる!」というので、

てっきり、スコップでコチョコチョ掘るんやと思ってたら、

P1000510.jpg

こんな、熊手みたいなもの?を渡されてビックリ(笑)

P1000507.jpg

寒くて、早々に引き上げるゆうちゃん。


次は山菜。


わらび
P1000498.jpg


こごみ
P1000499.jpg


うど
P1000500.jpg


ぎぼし
P1000502.jpg


わさび
P1000501.jpg


*調理後の写真はありません。(食べるのに夢中で…)あしからず!
2011.05.09 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。