上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今年も開花してくれた庭のアヤメ。

IMG_3668.jpg

私の一番好きな花。

子どもの頃からこの花が大好き。

サクラでもチューリップでもバラでもなく、むらさき色のアヤメ。


何となく…ふと気になって、「花言葉」なんぞ調べてみた。

すると…


よい便り 使者 神秘な人



我が家に、よい便りをもたらす使者はとても神秘な人。

IMG_3687.jpg


IMG_3694.jpg

IMG_3693.jpg

IMG_3690.jpg


ゆうちゃんの行動は実に神秘的(笑)

時には、めちゃくちゃ慌てさせられたり、冷や汗かいたりするけれど…

それも、鍛えさせてもらってるんだー!と思って。


輝く太陽の下、思いっきり楽しんできた週末なのでした。
スポンサーサイト
2010.05.31 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
金沢のおじさんに、たくさんの鮎を頂いていたので、

鮎の甘露煮を作ってみた。

(前記事のような事情で…冷凍庫のモノたちを早く消化?しなくちゃいけませんのでw)


IMG_3686.jpg


型崩れせずに、頭まで食べれるように臭みを消して柔らかく煮るコツは、

一度、焼いてから、番茶で煮る。

それから、酒・醤油・みりん・砂糖(今回は「黒糖」を使ってみた)で、時間をかけてゆっくり煮る。


そうすると、骨も柔らかくなって、頭からパクリ!といけちゃいますw



とはいえ…なにげに鮎の目がこちらをにらんでいるように見えるのは…

「親鸞 / 五木寛之」を読んだ後だからでしょうか。




HTbookCoverImage 1

HTbookCoverImage.jpg



「殺生、ということ一つとってもみても、人はほかの命を食することで生きている。

 肉食をさけることはよい。しかし、稲や麦には命がないのか。

 草にも、木にも、牛にも、魚にも、鳥にも、そして粟や稗にも命があり、生きる本能がある。

 すべての命が平等だとすれば、わたしはそれを犯して生きざるをえない悪人ではないか」


悩んで、悩んで、迷って、揺れて、、、

それでも、信じる道は一つ。

親鸞という人は、徹底的に心の闇を自分自身に問いかけ見つけ続けた方なのだと思います。

「人は、生きながら生まれ変われることができる」

とても勇気をもらえます。


仏教を学んだことの無い私にも、優しく分かりやすく、とても興味深いお話でした。

上下巻ありますが、とても読みやすいですのでぜひともオススメです!
2010.05.28 Fri l お料理・その他 l COM(4) TB(0) l top ▲
ゆうちゃんのマイブーム。

それがコレ

IMG_3660.jpg

ミックスジュース。


バナナ、みかん、いちご、もも、りんご、レモン などなど。

なんでもいれちゃいます


最近は、自分で作れるようになり、

勝手にミキサーを出してきて、ガーーーッと音をさせていますw


自分で作ってくれるのは嬉しいのだけれど…。

気がついたら、、、

冷蔵庫に入れてあった イチゴ 1パック がなくなっているではありませんか!


イチゴ1パック入りのミックスジュースは、さぞかし美味しかったようですが(笑)

それはもう勘弁してほしい!!

ってなわけで。

先手をうってイチゴは小分けにして冷凍することに。

パイナップルなんかも、安い時に買っておいて、冷凍庫で小分け保存。


なので、我が家の冷凍庫はいつでも満杯なのである。


ちなみに、、、

あの、喫茶店で飲む甘くておいし~いミックスジュースを作るコツは、

みかんなどの缶詰の汁を入れることなんですよね~。

ゆうちゃん用は、糖分取りすぎになるので控えてますが。

あと、「牛乳」を「飲むヨーグルト」に変えて作ると、サッパリとしてまた違ったお味が味わえます。


こんな風にして、毎食ミックスジュースを飲むゆうちゃん。

(さて、このブームはいつまでつづくやら?)


ところで、最近知ったのですが、ミックスジュースは関東地方にはないのだとか?

ほんと??
2010.05.25 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(7) TB(0) l top ▲
音楽は、ゆうちゃんにとって無くてはならないもの。

最近は、音楽を聴きながら寝るのが習慣となってきた。

100枚ほど入ったCDケースを持ってベッドに入り、あれやこれやと聴きながら眠る。


時々、夜中に覗きにいくと、音楽が鳴ったまま眠ってしまっているので、

そぉ~っと電源をオフにすると、 やめて と言われる。

「えーー、寝てるんちゃうのぉ?」 と、

まるで、テレビを見ながら寝ているオヤジのようなゆうちゃんです(笑)


そんなゆうちゃんの最近のお気に入り。

SOUL'd OUT


イマドキの子やなぁ~と、しみじみ。(ハハにはついていけない世界です)


そんなハハも…

ひそかに(?)こんな記録に貢献。

スガシカオ「FUNKASTiC」オリコン2位初登場!


t01500150_0150015010484675231.jpg

昨日のヤフーニュース→13作連続10位入り 尾崎豊を抜く!

1stからのアルバム連続 TOP10入り”の男性ソロ・アーティスト記録

おめでとうございます



さて、夏のホールツアーにむけて「FUNKASTiC」聴きこまなくてわw
2010.05.19 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
お世話になっている大学の先生の所で、

朗読家:下中恵子さんの朗読を聴かせて頂ける!ということで、

ゆうちゃんと出かけてきましたw

朗読して下さったのは、ナカムラミツルの「やさしいあくま」

04_akuma.gif

トモダチのいない少年フウと一人ぼっちの悪魔チュッチュの友情物語。

内容は割愛しますが、朗読後、いろんな意見が引き出された一冊。

私も、何だか納得いかないなぁ…。と思う部分がありましたが、

(でもこういう、何かを考えさせる本っていうのはとても良い本なのだと思います)

そして何より、326(みつる)さんの作品は、

思春期の子ども達の心にグッと入り込む力を持っているようです。


それにしても、

お話を読んで聴かせてもらえるって…

なんでこんなに気持ちイイんでしょう!

下中さんの朗読が素晴らしい!!!!っていうのが、大きい理由ですが、

「読んで聞かせてもらえる」って、、、身体で聴く。体感できるんですよね。


読み聞かせ の大切さを改めて感じました。


隣で、スケッチブックに絵を描きながら聴いていたゆうちゃんの手も、時々止まっていました。

そして、途中、小さい声で…

「ターン、タタタタターン」と、なにやら歌っています。

そう、「オペラ座の怪人」です。

なるほどー。

なんだかピッタリのBGMに感心しちゃいました。


そんなゆうちゃんが、小さい頃大好きだった本。

ずっと前にブログに書いたことがありますが、村上康成さんの「ピンク、ぺっこん」です。

IMG_3651.jpg

何度も読まされたので(笑)

いつの間にかゆうちゃんは、ハハの口調を真似て(本当にソックリそのまんま)セリフを言うようになったのです。

言葉が出ない…と、悩んでいた時期に、

ゆうちゃんから言葉を引き出してくれた大切な大切な一冊です。


ボロボロになるまで読んだので、三冊同じものを持っています。

一冊は、村上さんサイン入りw

当時、ゆうちゃんを抱っこして、サイン会へ行ったのを思い出します。

サインしてもらう際に、ボロボロになった「ピンク、ぺっこん」を村上さんにお見せすると、

ニコッと笑ってゆうちゃんを見て下さったのが印象に残っています。



今、「電子書籍」が話題になっていますが…

デジタルでは、この感動は味わえませんよね。



いつか、下中さんの朗読で、「ピンク、ぺっこん」が聴きたいなぁ~。と思ったのですが、

きっと、ゆうちゃんは、

ハハが読む「ピンク、ぺっこん」が(どんなに下手でも)いいのかもしれませんね?
2010.05.16 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
金沢日記"最後の締めくくりは…お土産に頂いたスイーツで。

(お土産まで頂いてしまって、、ほんとお世話になりました)


開けてビックリ、ごっついネーミングです(笑)

マダム金澤
IMG_3585.jpg

せっかくですので、買ってきた九谷焼きのお皿で頂きましたw

IMG_3588.jpg


ちなみに…

大阪にもこんなお店があります。

マダムシンコ
IMG_3637.jpg

マダム流行?(笑)

マダムといえば…マダムヤーンなんだけどw


今度、大阪へお越しの際は、お土産にしたいと思います!
2010.05.14 Fri l お料理・その他 l COM(2) TB(0) l top ▲
金沢での一番の楽しみといえば…なんといっても 山菜

山菜は、採るのも食べるのもだぁ~い好きなチチは、

毎年、Y家のおじさんに山菜取りへ連れて行ってもらいます。


わらび・うど・ぜんまい・すす竹・ぎぼし・ふきのとう・タラの芽


たらふくいただいてきました!!


(食べるのに忙しくて残念ながら写真がないので…)

持って帰ってきた ウド だけ載せてみます。

IMG_3618.jpg

ウドの天ぷら 絶品です!!

(私は、キンピラも大好物♪)


ところで、「天ぷら」といえば…

我が家には、天ぷらの残り物で作るレシピってのがあります。

それは何かといいますと、こちら↓

IMG_3635.jpg

残った天ぷらを、だし汁+しょうゆ+みりんor砂糖 で甘辛く炊いたもの。


子どもの頃、

残った天ぷらをアレンジして、「天丼」に変身させてくれた母。

その味が大好きで、「天ぷら」よりも翌日の「天丼」が楽しみだった私。


その味を受け継いで…

天ぷらは、多めに揚げて残すのが我が家の流儀(笑)

残り物の天ぷらもアレンジして素敵な器に入れると大変身ですよね☆

天ぷらの後はぜひお試しください
2010.05.13 Thu l お料理・その他 l COM(6) TB(0) l top ▲
GWに金沢を訪れる楽しみの一つに、

九谷焼の「九谷茶碗祭り」があります!

昔から「器」は大好きで、

結婚前は、よく母と二人で「京都・清水焼団地や五条坂の陶器祭り」なんかへ出かけたりしていました。


ゆうちゃんが生まれてからは、「陶器祭り」なんてものはとんでもない場所で!

(子供を連れて行くような場所ではありませんからね)

なかなか足を運べないでいました。

でも、金沢へ遊びに行かせてもらうようになってから、

チチとゆうちゃんには、近くのプールや公園で遊んでもらっている間に…

九谷茶碗祭りを覗きに行かせてもらうようになったのです!


今回も、色々と買い込んできちゃいました


「九谷焼」といえば、キンキラでド派手で、実はあまり好きでは無かったのですが、

茶碗祭りへ出かけてみると、九谷焼っぽくないモノもたくさんあり、

何より、作家さんから直接買えるのが楽しくて…

ついついあれもこれもと欲しくなってしまいます。


これは、ゆうちゃん用に買ったカレー皿。

IMG_3601.jpg

ゆうちゃんの大好きな「ぶどう」が描かれたこれからの季節にピッタリの一点。

この作家さんは、ご主人が土をこねて奥様が絵柄を描く。というご夫婦で作られている作家さん。

夫婦で一つの焼物を作り上げる…なんて、素敵ですよね。


次は、小皿。5枚セットで。

IMG_3604.jpg

こちらも涼しげでこれからの季節にいいなぁ~と。


そして今回、私が一番気に入って買ったお茶碗。

IMG_3607.jpg

チチ用に買ったのですが、

このお茶碗、並んでいた他のものとは「白」の色が微妙に違っていたんですよ。

で、「これだけなんで違うの?」と、お話を聞くところによると、

この土だけは他のものと違っていたらしく、しかも宮内庁御用達の土だとか!

「宮家と一緒のお茶碗ですよ!」とかヘンなオススメをされて(笑)

宮家は別にどーでもいいんですけどね。

とにかく、この絵柄と器の「白」がとても気に入ったので買っちゃいました。

IMG_3613.jpg

「こっちの大皿も買うので、二つで○○○円にして!!」

と、しっかり値切ることも忘れません!(大阪のおばちゃんですから)

しかも、この作家さん…なかなかのイケメン(笑)

いや、けっしてイケメンにつられたわけではありませんよ。あくまで作品です、作品。(笑)


まだ他にもあるのですが、とりあえずはこれくらいで


新しい器が増えると、お料理もまた楽しくなります!

さて、何をのせよっかな~。
2010.05.11 Tue l お料理・その他 l COM(4) TB(0) l top ▲
金沢といえば…

今年は絶対に外せない場所!が、金沢21世紀美術館

GWの真っ只中なので、混雑は覚悟していましたが…。

広場では、アート系フリーマーケット「アートzaマーケット」なるものも開催されていて、案の定すごい人。

IMG_3554.jpg

チケット売り場もすごい混雑だったので、

一旦はあきらめて外の芝生に座り込んでしまっていたゆうちゃんだったのですが、

「かえる?」と聞くと、立ち上がって美術館の中へ入っていくので、行ってみることにしたのです。


ゆうちゃんに見せたかったのが、こちら(レアンドロのスイミング・プール

IMG_3558.jpg

あれ?なんで中に人が??

IMG_3564.jpg

思わず手を伸ばすゆうちゃん。

IMG_3567.jpg

そして今度はプールの中へ。

プールの外は興味津々のゆうちゃんでしたが、中は、「なぁ~んや」って感じであっさり退散(笑)


今回、特別展として開催されていたのが 「新たなる精神のかたち:ヤン・ファーブル × 舟越 桂

ヤン・ファーブルは、前に「玉虫のドレス」を見たことがあって…

昆虫が苦手な私にとって、あんな恐ろしいドレスは二度とお目にかかりたくなく    

本当は、あんまり近寄りたくなかったのですが(汗)せっかくなので、会場をぐるりと一回りしてきました。


実は、モンベルに続いて、ここでもちょっとした出来事があったのです。

まずは、チケットを購入する際、療育手帳を提示してチケットを購入しようとすると、

「このたびの展覧会ヤン・ファーブルの作品は、グロテスクなものがあったり、少し怖いと感じられるものが

 あるかもしれないのですが、、、云々、大丈夫でしょうか?」

と、たくさんの人が後ろに並んでいるにも関わらず、わざわざ説明して下さるスタッフ。

「どんな作品なのか知っていますので、大丈夫です」と答えたけれど、

「展示物がたくさんありますので、手を触れられないようお気をつけてください」

と、念をおされて中へ入ることに。


ちなみに、これまでいろんな美術館に足を運んできましたが、

チケットを購入する際に、注意を受けたことなど一度もありません。


し、し、しかもです。

念をおされたにも関わらず、なんと、ゆうちゃんは展示物に手を触れてしまったのです!

その作品というのは、かなり大きな「扉」で、

扉を開くとそこに階段がある(本当に登っていけそうな階段)という作品。

扉が微妙に開いていて、そこから覗くと階段が延々と上へ続いているように見える。という作品だったのです。

特に、立ち入り禁止のラインがあるわけでなく、誰もが近くで見ることができる作品でしたので、

ゆうちゃんは、不思議そうに扉へ近づいて行き、その扉を開けようとして手を触れてしまったのです。


一瞬にしてその様子を察知したので、止めようとしたのですが間一髪間に合わず、

ほんの数センチ、扉を開けてしまったのです。

扉を開けて中を覗いたけれど、「なぁ~んや」といった感じで、

さっさと次のブースへチチと二人で行ってしまったのです。


あわてられたのは、そこのブース担当のスタッフ。

飛んでこられて、「ちょっと待ってください!」と、私が止められることになってしまいました。

「すみません!」とこちらもあわてて謝ったのですが、

「これを動かされてしまいますと、係りの者が来るまでお待ち頂かなければならないんです」

と言われて仕方なく待つことに。

係りの人に連絡を取られる間、じっとそこで待たされることになりました。

しかも、結局すぐには来れず後から直しに来るので、行って貰って結構です。とのこと。


なぁ~んや。大したことじゃないんやん。

と、もちろん作品に触れてしまったゆうちゃんが悪いのだけれど、

そんなに扉の角度が大事なんだったら、立ち入り禁止にでもしてくれたらいいのに。

と、思わず思ってしまいました。


その時に、ふとある人の言葉を思い出したのです。


金沢21世紀美術館へ初めて行った時のこと。

帰ってきて、行ってきたことをたまたまある人に話しをしたら、

その人も美術館へ行ったことがあり、こんな事を問いかけられたのです。

「金沢21世紀美術館のコンセプトって、開かれた美術館って言われているんだけど、

どう思った?開かれていると感じた?」と。

その時の印象は、

美術館というよりも、公園やカフェへ行ったような、気軽に構えず入れる印象を持ったので、

「開かれているんじゃない?」と答えたのです。

その人は、「そっか、開かれてるって感じるんや…」と、その後の言葉はありませんでした。



今回、ゆうちゃんと一緒にこの美術館を訪れてみて、

開かれているのは外見だけなのでは? と感じることとなりました。

そして、私って本当にニブイ人間なんだなぁ~と。

ゆうちゃんがいなかったら、私には感じられないことがいっぱいあることを改めて実感したのです。


その日、お世話になっているY家に戻って、この出来事を話すと、

Y家のお孫さんも作品に触れてしまって注意された経験があったのです。

「あの美術館の展覧会は、高いばっかりで全然よくないで

と、実は、地域の人には全然人気がないことを知りました。

美術館自体がもう「観光地」になってしまっているんですね。



それにしましても、

モンベルのスタッフの対応と、21世紀美術館のスタッフの対応。

面白いと思いませんか?

私は、どちらもとても面白いなぁ~と感じるのです。


多分私は、ゆうちゃんがいなかったら、きっと物事の半分も見れていないんだなぁ…と。

ゆうちゃんと一緒にいると、物事の表と裏がとてもよく見えます。

人間関係や物事の一つ一つが、とっても濃くなるのです。


こんな経験を重ねながら、

ハハも少しは成長できているのかなぁ?と、考えさせてくれた金沢21世紀美術館なのでした。
2010.05.09 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
GWの5日間、今年も金沢へ行ってきました!

毎年お世話になっております金沢のY家。

家族ぐるみでお付き合いさせて頂き、お邪魔する度にいつも我が家のように好き放題している私達を、

毎年歓迎してくださり、ゆうちゃんの成長を見守って下さる。

そんなY家の皆様には感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。



素晴らしく良い天気に恵まれ、とても楽しかった金沢での様子を、少しずつUPしていきたいと思います。


ますは、能登の海で開催されていたトライ&キャリー。

モンベルが主催する、カヌー&カヤック用品の一大展示・試乗・即売会TRY&CARRYです。


今年は、自艇を持たず、最終日にちょこっと訪れただけだったのですが、

とても心地よい時間を過ごしてきました。

IMG_3577.jpg

パドルの持ち方・漕ぎ方の講習に、ゆうちゃんも参加!

IMG_3580.jpg

いつもは、チチの前にちょこんっと乗っているだけのゆうちゃんでしたが、

はじめて、自分からパドルを持って漕いだのです!

いろんなカヌーに乗れてとても楽しそうなゆうちゃんです。


そして、何よりこのイベントの素敵なところは、ここのスタッフの方達の対応です。

ゆうちゃんが、少々突飛な行動をとっても、何ら気にせず(?)とても大らかに対応して下さるのです。

例えば、今回はこんな事がありました。

カヌー体験から帰ってきたゆうちゃんは、ここのプール ↓ へ入ってしまったのです!

IMG_3573.jpg

あわてて止めに行ったのですが、間に合わず。

うれしそ~に、はしゃいで泳ぐゆうちゃん。


イベントが終了していて、カヌーが一艇も無く、誰も人がいないプールだったのですが、

きっとスタッフが飛んできて止められるだろうなぁ…と思っていました。

ところが、スタッフの方たちは、プールへ入るゆうちゃんを見ながらも全く近寄る様子がありません。

こちらの方が恐縮して、「すみません!」と近くにいたスタッフのお兄さんに声をかけたところ、


「あはは、プールやもんなぁ~ 泳ぎたいよなぁ~」と笑ってくださるのです。


プールを一往復して納得したゆうちゃんは、自分からサッとプールから出てきました。

もしここで、制止されたり無理やり出されたりしていたら…

楽しいはずの思い出が、ツライ思い出に変わってしまうこともあるのです。


なんといいましょうか…。

こんなゆったりとした懐の大きい雰囲気がここにはあるのです。



私にカヌーを譲ってくれた友人曰く、

「カヌーイストに悪い人はおらん!」のだそうです(笑)


悪い人か良い人か?は、わかりませんが(笑)

のんびりゆったり自然のままに…

カヌーは、人の心にゆとりをもたらせるのでしょうか。

素敵なスタッフの方達と触れ合えて、とても心地よい時間を過ごすことができました。

日々の暮らしに追われようとも、心にゆとりだけは持てる人でありたいな、と思わせてくれた

トライ&キャリーなのでしたw
2010.05.06 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。