上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ゆうちゃんの「こだわり」に少しづつ変化が現れ始めました。

これまで、 トイレ 以外に強いこだわりを持っていたのが    です。

出かけた際は、必ず同じ道を通って帰らなければ気がすみませんでした。

(それは、歩きでも自転車でも車でも同じで)

例えば、歩きの際、歩道の右・左どちらを歩くかも行き帰り同じでなくてはなりません。

また、車で出かけた際、 一方通行 の道を通ってしまった時などは、最悪でした。

同じ道を通って帰れないのですから、ゆうちゃんは納得いきません。

「一方通行だから無理やねん!」と(わからなくても)何度もいい聞かせ、

強行突破して家まで戻るのですが…やっぱり納得いかず「やり直し」を要求されました。

まぁ、こんな時は、「やり直し」がきく範囲ならやり直し、無理なときは無理だとあきらめさせてきました。


思えば、2年前、ゆうちゃんが自分の意思を伝える言葉は かえる でした。

この日の日記に書いていますが、

『かえる』は、ゆうちゃんの中では、「その場所から移動したい時の言葉」となっていました。

そして、母の思いとして次↓のような事を書いていました。


「せっかく、ゆうちゃんが自分の気持ちを「言葉」で表現して、人に伝えようとしているんです!!

「伝わった!!」と実感できる事を、なるべくたくさん増やしていって、

もっともっと気持ちを言葉で伝える事が出来るようになってくれれば、と願うのでした。」



この願いが聞き届けられたのか、

(何度もややこしいやり取りを繰り返し、折り合いを付け合っているうちに…)

ゆうちゃんの言葉が増えていったのです。


「かえる」の次に覚えたのは 「Uターン」。

自分の思い通りの道へ進まなかった時には、「ゆーたぁーん」と表現できるようになりました。

この時点では、まだ「右・左」の概念が理解できず、

「右へ行きたいの?左へ行きたいの?」と聞いても、「みぎ ひだり」 とおうむ返しで返事をするばかり。

右へ行きたいときも左へ行きたいときも「Uターン」というので、

「ゆうちゃん、こっちは右、こっちは左」と何度も何度も繰り返して伝える日々が続いていました。


そうこうしている内に…とうとう!

「みぎ」「ひだり」が表現できるようになったのです。

しかも、曲がってしまってからではなく、

自分が行きたい方向へ「みぎ」「ひだり」と、意思を伝えることが出来るようになったのです。


これって、スゴイことです。

ただ、言葉を言えるようになったのではなく、

言葉の概念を理解して、自分の進みたい方向へさきもって意思を伝えられるのです。

見通しがついて、予測できるようになった。ってことなんですよね。


すると、ゆうちゃんの道へのこだわりが変化したのです。

今まで、同じ道を通らなくちゃ納得いかなかったことが、嘘のようになくなったのです。

反対に、知らない道をどんどん走ろう!とばかりに…

「みぎ・ひだり」と指示を出すゆうちゃんなのです!(笑)


こんなゆうちゃんを見ていて感じたことは、

ゆうちゃんの中で、ピンポイントでしか見えていなかったことが、広げて見えるようになり、

全体を見渡せるようになったのかもしれない?ということです。

(自閉症の人の感覚を知る為の方法として、紙を細い筒に丸めて覗いてみるというのがあります。

 視野が狭く周りの状況がわかりにくいのが自閉症の感覚の一つではないか、と言われています)



ピンポイントでしか見えていなかった時は、自分の位置が確認できず、

同じ道を通らないと不安だったけれど、

何度も何度も繰り返すことで、やっと全てが繋がり安心を得られたのではないか?と思うのです。


この「安心を得られた」ことは、ただ、道に関することに限らず、

日常生活全てに影響する、ものすごく大きな意味を持つ事だと思うのです。


ゆうちゃんの中で、確実に何かが繋がり広がっていっている今日この頃。


最後に、最近のオモシロイこだわりをひとつ。↓


なぜか?トイレのスリッパは横向き?なのです(笑)



何度揃えても、ゆうちゃんがトイレに入った後は横向きに直されています(笑)

ゆうちゃんの美的感覚では、トイレマットに添わせるスリッパが美しいようです
スポンサーサイト
2009.05.26 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
世間は、新型インフルエンザで混乱を巻き起こしていますが、

みなさまいかがですか?

大阪・神戸の感染者が出た地域は、「汚染地区」だの「感染地区」だのと呼ばれていて、

街ゆく人々はみんなマスク装着という異様な光景。

もう、映画さながらの状態になっています。


そんな騒ぎをよそに、我が家はいたって平静、平常。

普段どおりの毎日を送っています。

それどころか…この一週間、ゆうちゃんはとてもよく動いています。

なんと、学校へ行ったのです。



ものすごーく不思議なことに。

大阪府下の公立中学・高校が休校措置の中。

特別支援学校は、通常通り授業をしているのです。

大阪府教育委員会の対応は、公立中学・高校の臨時休業(支援学校を除く)となっていたのです。

(今、教育委員会のHPを見てみると、20日の時点では)

豊中市、吹田市、茨木市、池田市、箕面市、高槻市、島本町、八尾市内の府立支援学校は臨時休業と、なっているみたいですね。


まぁ、その対応の謎は置いておいて…。


ゆうちゃんは、日曜日に行われた「運動会」へ参加してきたのです。

「参加」と申しましても、もちろんゆうちゃんペースで。

学校へ到着したのは、13時半頃。

運動会は、14時過ぎで終了だったので、ほんの少しの参加だったのですが、

090517_1415~01

競技にも参加してきたのです!(我が校の運動会は体育館で行われます)


その2日後には、学校での校医さんによる「検診」まで受けにいくことができました

学校では、お友達の車イスを押したり、荷物を運ぶ手伝いをしたり…。

時には、廊下で座り込んでしまって動かなくなってしまう場面もありましたが、

ゆうちゃんに寄り添い付き合って下さる先生がいて下さるので、

無理せずゆうちゃんのペースでスクーリングをすることが出来ています。



「ゆうちゃん、今日、学校いく?」と聞くと、

「がっこういく!」という返事。

(行きたくない時には「いかない」と返事をします)


自分で選択できる。 Yes No が言える。

一つ一つ着実に前進している中2のゆうちゃんです!
2009.05.22 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(5) TB(0) l top ▲
佐村河内 守さんの合唱曲が広島で初演されます。


REQUIEM “HIROSHIMA” (レクイエム ヒロシマ) 

初演記念演奏会

~4声ポリフォニーによる鎮魂合唱曲~


   日時 :2009年5月31日(日) 15時~

   場所 :原爆ドーム・対岸広場

   料金 :無料

   指揮 :榊原哲

出演団体 : 広島少年合唱隊、広島ジュピター少年少女合唱団、
        広島ジュニアコーラス、崇徳高等学校、
        呉武田学園呉港高等学校


REQUIEM “HIROSHIMA”は佐村河内さんの「核廃絶と平和の尊さを語り継いでほしい」
という願いから生まれた合唱曲。
初演に向けて昨年12月に実行委員会を結成。
今年2月に佐村河内さんが合唱団を訪問し、メッセージを伝える。
現在、本番に向けて猛練習中。
「平和記念公園から世界に向けて発信される平和を祈る楽曲を多くの人に聴いてもらいたい」
と実行委員長の押川貞生さんは願っている。
                           (広島の文化情報マガジン「to you」より)



広島で、このようなイベントがあります。

少年少女100名の特別大編成合唱隊が、原爆死没者の魂を鎮めるために

祈りをこめて原爆ドームに向けて歌うというものです。



「私の鎮魂合唱曲とともに、原爆死没者の魂を鎮め、

核兵器のない平和な世界のために

厳粛なる祈りを捧げる機会として頂けたら幸いに存じます。」


このお誘いをうけ、

5月31日、我が家も広島へ出かけよう!と計画中…。

(あ、もちろん ゆうちゃんしだい!なのであくまでも予定です)

お時間のある方、広島へ足を運ぶことが可能な方がいらっしゃいましたら、

ぜひご参加ください。


*佐村河内さんの特集(「NEWS23」で放送されたもの)がユーチューブで観れるので、

良かったらこちらをどうぞ(01~04まであります)→http://www.youtube.com/watch?v=8r4dqJyGcbk&feature=related
2009.05.19 Tue l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
昨日、突然ゆうちゃんが口づさんだんです!


「おぉ~ら~じ~お~~ き~かせ~て~おくれ~~」


そうです。

清志郎の遺作となってしまったFM802のキャンペーンソング 「Oh! RADIO」です。

FM802春のキャンペーンソングになっているこの曲。

作詞・作曲   → 忌野清志郎

歌っているのは → 特別ユニット 「RADIO SOUL 20」
           
               スガシカオ、阿部真央、HY、くるりの岸田くん、
     
               ボニーピンク、 森山大輔、和田唱
         
802ヘビーリスナーであり、シカオファンのハハのお陰で

我が家では、ほぼ毎日この曲が流れていました。

ですが、ゆうちゃんが口づさんだのは昨日がはじめて。

夜になって、告別式の時にこの曲が流れた、、という記事を読んでちょっとびっくり。


そういえば、前にも同じようなことがありました。

長い間、全く聞いていなかったCDの名前を突然言いだし「かけて」と言うのです。

「アーユースリーピン」

これは6年前位に教育テレビでやっていたゆうちゃんお気に入りの番組「英語であそぼ」のCD。

一曲目に「Are you sleeping」が入っているのでそう呼んでいました。

この曲を歌っている歌のお姉さん『羽生未来さん』が亡くなられたとの報道を見て、

すごくビックリしていた時に、

突然、ゆうちゃんが「あーゆーすりーぴん!」というので、これまたすごくビックリしたのでした。



清志郎が死んじゃうなんて

告別式には、シカオちゃんもお別れに行かれたようです(FKTのブログより)

「限りある人生ぶったるんでる暇はない」

ほんとにその通り。

Oh! RADIOは、こちらで

2009.05.10 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
GWの三日間。金沢へ出かけてきました!!

1日の夜、23時出発

金沢までの車中、渋滞は大丈夫だろうか?ゆうちゃんは寝ちゃうだろうか…?

もし、サービスエリアのトイレで動かなくなってしまったらどうしようか?


 (*何度も書いてきていますが、ゆうちゃんは必ずどこへ行ってもトイレをチェックします。

  そして、そこにあるトイレ全部を流さないことには次の行動へ進めないのです。

  無理やり止めると、

  それはもう足に接着剤が着いてしまったかのように動かなくなってしまいます。

  全部スムーズに流せた時は良いのですが、

  例えば、中に誰かが入られていてなかなか出でこない場合。

  出てこられるまで待つので、ものすごく時間がかかるのです。

  GW中の高速道路。

  私が最も恐れていたのは、SAのあのたくさん並んでいるトイレなのでした)


などと、予測できる心配をしてみたり…色々と思いを巡らしていたのですが、、、

普段走らない高速道路に、ゆうちゃんの目はくぎ付け!

眠るどころか、目はギンギンギラギラ状態。

一瞬たりとも見逃さないぞ~!といわんばかりの気合はいりまくり!(笑) の出発となりました。

恐れていたSAでは車から下りることもなく、渋滞に巻き込まれることもなく、

無事に、いつもお世話になっております友人宅に到着することができました。

(ホッと一安心)

「勝手知ったる」といった様子で、サッサと家の中へ上がっていき、ベットで一人先に就寝するゆうちゃん。

その成長ぶりを、金沢の友人のおじさん、おばさんは、とても喜んで下さいました。

(こんな風に、ゆうちゃんの事をあたたかく見守って下さる人たちに囲まれていることに心から感謝)

  本当にありがとうございます。


翌朝は、夜中に眠ったにもかかわらず、はりきって8時に起床

楽しみにしていたカヤック乗りにでかけてきました

出かけた先は、千里浜海岸で開催されているモンベルのアウトドアイベント

トライ&キャリー

「カヌーいく?」 と聞くと、「いくー!」と、と~っても楽しみにしていたゆうちゃん。

まずは、ファルトボートの組み立てです。

IMG_2363.jpg

(この組み立て↑何回やってもハハは一人で組み立てられませんチチ担です)


出来上がったカヤックを持っていざ、海へ!

カヌー

最高の天気の中、漕ぎ出すカヤックはサイコーに気持ちいい~

満面の笑みを浮かべてチチが漕ぐタンデムカヤックに乗るゆうちゃん。


しかーし!この日は、結構波が高くて…

久しぶりにカヤックに乗ったチチとハハは、思いっきりひっくり返って 沈

いやぁ~、モロに横風をうけてしまって…久しぶりにかなり焦りましたよ(笑)

まぁ、浅瀬での沈だったしスタッフのお兄さん達に助けてもらったので良かったのですが

もっと練習をしないとあかんなぁ~と思い知りました。



ちなみに、この「トライ&キャリー」モンベルのイベントは、毎年GW中の三日間開催されています。

カヌー好き!なら誰もが知っている野田知佑さんや内田正洋さんなどをゲストに、

カヌー以外にもいろんなアウトドアスポーツが体験できるイベントです。

参加されている方は、みなさんテントを貼って三日間アウトドアを満喫する~!という

夏フェス(音楽イベント)のカヌー版って感じです。

本当なら、他の人とも交流していろんなことに参加できればもっと楽しいのでしょうが…

ゆうちゃんの目的は「カヤックに乗ること」オンリーなので。

イベント会場には、チチハハ交代で、ちょこっとのぞきに行くくらいで帰ってきました。



この日は天気がものすごく良かったので、日中はそれほど寒さを感じませんでしたが、

さすがに夕方近くになってくると、風が出てきて波はますます高くなり、寒さにふるえるようになってきました。

すると、なんと、ゆうちゃん自ら帰り支度を始めたのです。

これには驚き!

だって、これまでだったらカヤックに乗ったら「下りたくないー!帰りたくないー!」

となかなか終われないゆうちゃんでしたから!

しかも、ひたすら何処までも沖へ向かって漕ぎ出なければ納得しなかったし、(納得させるのが大変だった)

カヤックから海へ飛び込んでみたり…と、全く怖いもの知らずのゆうちゃんだったのです。


今回何度も「沈」したことが影響したかもしれませんが、

沖へ沖へ、という無茶も言わなかったし、カヤックから飛び込んだりもしませんでした。

「怖さ」というのを感じている様子で、

大きな波がやってくると、「やめて!やめて!」って波に言うんですよ。(笑)



あぁ~、ゆうちゃんも無謀な子ども時代を終えて、しっかりと成長を遂げているんだなぁ~と、

そんなことを感じさせてくれたのです。


無事に金沢旅行を終えリフレッシュしたゆうちゃん。

一皮むけてまた一歩前進できた!そんな気がしています
2009.05.07 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。