上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
USJでの話をもうひとつ。


これまで何度も足を運んでいるユニバーサル・スタジオ・ジャパン。

ゆうちゃんと一緒に行った経験から、

数ある遊園地・テーマパークの中でも、「バリアフリー」ということに関して、

意識が高いところだと感じていました。
(ディズニーランドの方がもっと上だとは聞きますが。)


身体に障害があっても、知的に障害がある人たちにも居心地の良い場所になるよう

ハード面、そしてクルー達の対応にも柔軟さを感じていました。

(あ、ただこれは私が個人的に感じていたことで、

もしかしたら私が出会ったクルーの人たちが、たまたま良かっただけなのかもしれませんが。)


ジュラシックパーク好きなゆうちゃんは…

これまで何度も、クルーのおにいさん、おねえさんにお世話になってきました。

前の記事に書きましたように、「最後の一回」を乗せてくださったり、

ある時は、「かえりたくないー!」と、ジュラシックパークの入り口で座り込んでしまったゆうちゃんに、

ジュラシックパークステッカーをプレゼントして下さったり、なだめて下さったり…。

障害を持った子どもたちの事を理解して下さり、柔軟な対応をして下さるので、

いつも気持ちよく出かける事が出来ていました。


ところがです。


今回は、ちょっと気になる事がありました。

行くたびに必ずライドするジュラシックパーク。

もう何十回もライドしているゆうちゃんにとっては勝手知ったる場所(笑)

この日も、いつものように長~い行列に並んでいました。

グルグルと列に並びながら、やっとクルーが案内してくれる場所まで到着して、

「いよいよライドだー!」と思っていたところで、

クルーのお姉さんに声をかけられました。

「すみませんが、こちらでアトラクションの説明をさせてもらってもいいですか?」と。


えっ??なんで私達だけ列から離れて説明をきかなきゃいけないの?と思いつつ…

あぁ、、ゆうちゃんのことを見て心配して言ってるんだなぁ~ということが分かったので、

「何度も乗った事があるので大丈夫ですよ~!」と答え、さっさと通り過ぎようとしました。


ところがです!!


「あっ、いや、でも、、、とりあえず説明をさせてください」と言って、そこから通させてくれないのです。

このアトラクションは、暗いところを通り、激しく落下もするので、身体に具合の悪いところがある人には、キケンな乗り物である…などなど

分かりきったことを延々と説明するので

「だ、か、らぁ~!!何度も乗ったことがあるから大丈夫ですってゆうてるやん!」

と、話の途中で言うのですが、

(こっちの話を全く聞かずに)なんとしても最後まで説明を続けるのです。


ふぅ~、、もう参りましたよー、この説明には!

これまで何度もライドしているのに、こんな説明を受けたことは初めてです。

しかも、二回目に乗りに行った時にも、別のクルーが呼び止めるので、

「さっき、あのおねえさんに説明聞きましたッ!」と言うと納得して下がってくれました。


ここまで執拗に説明をしようとするクルーの姿を見ていると、

多分、知的に障害がある人むけのマニュアルみたいなものが出来ているのだろう…

との想像ができます。

もしかしたら、これまでに事故になるような危険な行為があったりして、(例えば立ち上がったりとか)

マニュアルが作られたのかもしれません。


誰もが楽しく過ごすためには、ケガや事故がないことが第一条件です。

マニュアルを作ってサービスを向上させよう。

とすること自体は、仕方のない動きだとあきらめましょう。

でもね。

マニュアル通りにしか動けないのでは、

結局、それは、お客さまのことを思って(お客さまのために)やっているのではなく、

自分の為にやっていることなってしまっているのではないでしょうか。

(「言われた通りの事をやっています!」と主張できるように)



「何度も乗ったことがあるし、両親が一緒にライドするから大丈夫です。」

と言っている人に、長々と説明する必要があるのでしょうか。


今回、説明の間、ゆうちゃんは嫌がらずに待っていてくれたから良かったものの…

静止されるのが苦手な子どもだったら、ここでパニックになってしまうかもしれません。

だって、他の人は止められないのに、自分だけ直前で止められたら誰だって怒りますよね


結局は、マニュアルが作られたために、

せっかくこれまでその時々に応じて個々に対応して下さっていたクルー達の良い面が、

無くなってしまったように感じたのです。


USJに限らず…

最近は、こういうマニュアル化された接客に遭遇することがよくあります。


あるショップで買い物をした時には、

清算を終えカウンター越しに商品を受け取ろうとすると、

わざわざカウンターから出て、手渡しで頭を下げて商品を渡して下さいます。

確かに、これは丁寧な対応です。

でも、とっても混んでいる日にも同じ対応なのです。

レジにお客様がずらりと並んでいる様子をみれば、わざわざカウンターを出て手渡すことより、

一人でも早く清算を済ませることの方を、優先するべきじゃないのでしょうか?



システム化、マニュアル化されると、人は考えることを止めていってしまうんですよね。

油断していたら、どんどんと考えずに流されていってしまいます。

そして、自分で「気がつく」ことが出来なくなってしまうのです。

自分の頭で考えて自分で判断すること。

いつも心がけていなくちゃいけないのかもしれないな、とクルーの対応にガッカリしながら思ったのでした。
スポンサーサイト
2009.03.28 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
久しぶりにUSJへ行ってきました!




「久しぶりに」…というより、「やっとUSJへ行くことが出来た!」と、申しましょうか。

実は、ゆうちゃんは、ご飯を食べなくなって家から出なくなった以降、

少しずつ外出が出来るようになっても、なぜか?USJへは行こうとしませんでした。

大好きだったはずのUSJ。…なのになぜ?行きたくないのだろうか?

写真やビデオはよく見ているので、

時々「ジュラシックパークいく?」と誘ってみても返事がありません。


過去のUSJでの様子を思い出しても、(過去の記事はクリックしてみて下さい)

ジュラシックパークを20回ライドしたことや…

スタッフの静止を振り切って最後の一回貸切で乗せてもらったり。

9時の開演から閉園の21時まで、12時間USJにいたり…。


…と、まぁ、、

USJは、大好きな場所であり、喜んで行ってたことは間違いないと思うのです。

それなら、なぜ誘っても行こうとしないのか?


これは、チチとハハが二人で想像していたことなのですが。

もしかしたらゆうちゃんは…

USJへは行きたいのだけれど、行けば自分の思い通りにならないことがたくさんある。

アトラクションには何時間も並ばなくてはならない。

たくさん乗りたくても納得するまで乗ることは不可能。

そして何より、行けば帰らなければならない。

もっといたくても、閉園時間には帰らなくてはならない。

これまで、閉園時間になると、「帰りたくない!」 と、泣いたり、座り込んだり…を繰り返し、

帰るための気持ちの切り替えが大変なことでした。

せっかくの楽しい時間なのに、ツライ思いをしなくてはならなかったのです。


なので、もしかしたら…

ゆうちゃんは、今、そういうツライ思いをすることを避けているのかもしれない。

大好きだった場所ほど、「終わる」ことを受け入れるのがつらくて、

「それなら最初から止めておこう」と考えているのかもしれないね?と、

チチと二人で話していたのです。


そんな中、昨日は「ジュラシックパークいく?」と聞くと、

「じゅらしっくぱーく、いく!」との返事が!

チチとハハが喜び勇んで出かけたことは想像がつくと思います(笑)


そして、USJでの様子には驚かされることばかり。

これまでのゆうちゃんは、とにかくひたすらジュラシックパーク。

または、ジュラシックパーク と ジョーズ を行ったりきたり

もちろん、ゆっくり食事をしている時間なんてありません。


それが!!!です。


昨日のゆうちゃんは、アトラクションをひとつずつまわって行くんです。

これ乗ったから、ハイ、次はこれ。 …といった感じ。

初めてのアトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」にもサッサと並びにいくゆうちゃん!

ひとしきり乗ったら、なんと自分からレストランへ入っていくではありませんかっ!

しかも、16時くらいには大雨が降ってきて、アトラクションはあちこち運休しはじめました。


「ゆうちゃん、雨降ってきたし、ジュラシックパーク乗れないから、もう帰ろっか?」

と、言うと

「そやなぁ~、かえろか~」 と、口には出しませんが(笑)

そんな様子で駐車場へ向かったのです。



この日の営業時間は、9時~21時。

12時間覚悟で、気合を入れて出かけたチチとハハは、ひょうしぬけ(笑)

帰りの車の中。

「なんか、 めっちゃフツウにUSJ行ってきたよなぁ~」

「うん、めっちゃフツウやったね」(笑)

と二人で笑ってしまいました。


こんなにフツウにUSJを楽しめる日がくるなんて…。

きっと、フツウにUSJへ行っている人たちには、私達がどれほど嬉しいか、わからないでしょうね。



そして、ゆうちゃんは…


きっと、自分で納得いくことができるようになったから、USJへ出かけたのではないか、と思うのです。

ツライ思いをしなくなる自分になるまで待っていたのではないか、と。


雨に打たれながら駐車場へ向かうゆうちゃんの姿が、とっても大人に見えたのでした。
2009.03.23 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
昨日の朝のこと。

いつもなかなか布団から出てこないゆうちゃんを起こそうと、

「はやく起きや~!」

と二階の部屋へ上がってみると…


なんと!



布団は、もぬけのから。




あれっ??と、ビックリして…

「ゆうちゃん!!」と呼ぶんだけど返事がありません。

隣の部屋で本でも見ているのかな?と(過去にそういうことがあったので)

覗いてみてましたが…姿はなし。



あれ?ゆうちゃんは、一体どこへ?と思っていると…

「押入れ」の中から、なにやらゴソゴソと音が聞えてくるではありませんかっ。


そぉ~っと開けてみたら、ゆうちゃんが!!!(笑)

押入れ


もう、朝から大爆笑!!!


ゆうちゃんオモシロすぎッ
2009.03.18 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
今年は花粉がすごいです。

昨年が特別ラクだったので…

「も、もしかして… 治った!?」 

    (花粉症って、イキナリ発症してイキナリ終わるっていいますよねぇ?)

なーんて。

甘い期待を抱いて油断していたのがいけませんでした(><)

予防線を張るのを怠っていたため、おスギさんにどんどんと侵されて…。

ここ数週間、最悪の日々を送っていました。


そんな状態から、やっと少し落ち着いてきたので、久々にジョギングに出かけてきました!


久しぶりにジョギングに出かけると…

久しぶりにあのおじさん(←クリックすると記事に飛びます)と遭遇!!

一年ぶりくらいでしょうか…

変らず元気にウォーキングされている様子に嬉しくなり、お互い手を振って挨拶しました!

走る時間も、コースも、いつもバラバラなのに…

なぜか?いつもだいたい同じ場所で遭遇するおじさん。

しかも、必ず向かい合わせで会うんですよ。

これまで、何度も会っているのですが、同じ方向に向かっていたことは一度もなく、

必ずお互いが向き合うカタチで遭遇するんです。

一瞬のすれ違いに、一瞬挨拶するだけの間柄ですが(笑)

その「偶然」に毎回驚き、なんだかすごく嬉しくなるのです。



こちらは、先週、21世紀美術館で出会った北川宏人さんの『ポスト・ニュータイプ』

ポストニュータイプ

都会の雑踏の中で出会う、ごく普通の若者達の姿やさりげない表情の中に、

新しい生き物としての可能性を見出し、その姿態を粘土で描き出す。

進化の途上にある現代人の浮遊するアイデンティティーが宿る肉体として、

最も土に近い低火度の焼き物であるテラコッタを選んで制作する…という北川宏人さん。




冷めた表情の中にある凛とした感じ。

地球上にない言語を話しそうな不思議な雰囲気のニュータイプたち。

身体のラインが、すっっごく美しく、くぎ付けになってしまいました。


そして…ニュータイプ グリーンに一目ぼれ。
グリーン

またひとつ、魅力的なモノに出会えてとっても嬉しいのでした



(*ガンダムじゃなくてごめんね。/笑)
2009.03.16 Mon l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
「NHK教育テレビ」でこんな番組があります。

しむ 「私のこだわり人物伝」

星野 道夫 「生命へのまなざし」

第1回/今森光彦

3月 3日午後10:25―10:50
3月10日午前05:05―05:30

第2回/湯川豊

3月10日午後10:25―10:50
3月17日午前05:05―05:30

3回/星野直子

3月17日午後10:25―10:50
3月24日午前05:05―05:30

第4回/池澤夏樹

3月24日午後10:25―10:50
3月31日午前05:35―06:00

番組HPは → コチラ



前に書いたことがありますが、星野道夫さんの写真と文章にどれほど勇気を与えてもらったことか。

そして、私と同じように、

星野さんの写真に言葉に生き方に、心癒され勇気をもらった人は、きっと計り知れないと思う。


ご存知ない方の為に星野道夫という人がどんな人物であったか?をちょこっと。↓


19才のころ、見知らぬ北の国、アラスカに憧れていました。

今でもオオカミがいて、冬にはオーロラという光が空にあらわれる、ふしぎな国です。

ある日、アラスカの本を読んでいて一枚の写真が目にとまりました。

それは、シシュマレフという、エスキモーの村の写真でした。

こんなさびしいところで、どうやってエスキモーの人たちは暮らしているのだろう。

そんなことを考えているうちに、「そうだ、この村に行ってみよう」と思いました。

けれども、どうしたらこの村にいけるのでしょう。

手紙を書こうと思っても、住所も人の名前も知りません。

いろいろ考えたすえ、こんなふうに宛名を書きました。


「村長さんへ シシュマレフ村  アラスカ」


これしか方法がなかったのです。手紙は次のように書きました。

「…あなたの村をたずねたいのです。 どんな生活をしているのか知りたいと思います。

  だれか、ぼくの世話をしてくれる人はいないでしょうか。…」


 返事はきませんでした。


半年も経ったある日、郵便箱の中に、英語の手紙を見つけました。

それがシシュマレフ村からきた手紙だったのです。

エスキモーのある家族から、いつでもきなさいという手紙でした。

遠い未知の国アラスカが、手がとどきそうなほど、ぼくの目の前に近づいてきたのです。




なんだかおとぎ話を聴いているようだと思いませんか。


こちらは、ドキュメンタリー映画 「地球交響曲第3番」の予告。

撮影直前に亡くなられてしまった星野さん。

地球交響曲第3番は、「故 星野道夫に捧ぐ」となっています。




「唯一の正しい知恵は、人類から遥か遠く離れた大いなる孤独の中に住んでおり、

 人は苦しみを通じてのみそこに辿り着くことができる。」

これは、星野さんが著書の中で引用されているカリブエスキモーシャーマンの言葉。

なんだか星野さんが歩んだ道そのもののように感じるのです。
2009.03.05 Thu l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。