上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
大変お騒がせを致しました。

本日、な、な、なんと驚くべきことに

ゆうちゃんは、卒業した小学校へ行ったらしいのです。

「らしい…。」と申しますは、

ハハは出かけておりまして、ばあちゃんとお留守番中の出来事だったのです。

出かける際、「今日も散歩に出かけるかもしれないので…」と、その旨、ばあちゃんにお願いしていました。

すると…。

お昼過ぎ、散歩に出かけたゆうちゃんはいつもの公園を通り過ぎ…

なんと!なぜだか?小学校へ行ったというのです


時間はちょうど給食時。

学校中を歩き回り、1階から3階までのトイレの水を全部流し(これはやっぱ外せないらしい)

通っていた支援学級に到着すると、席に座るゆうちゃん。

SN270043.jpg

もうみんなビックリの大騒ぎ。

「ゆうちゃん!?」

「ゆうちゃんが来てるの!?」

「ゆうちゃん、来てくれたんやー!」

と、先生・在学生たちが会いに来てくださって大騒動させてしまったそうなのです

閉まっていた図書室の鍵まで開けてもらったそうで、本当に申しわけありませんでした。


とってもお騒がせなのに…

「ピンポーン」と学校のインターフォンを鳴らして名前を言うと、

「どーぞ、どーぞ」と、歓迎して下さった校長先生。

そして、「いつでもおいでや~」と、同じく歓迎して下さった先生方。

ずっとゆうちゃんに付いて歩いて下さった先生。

ほんとうにありがとうございます。

大変お世話になりました。



それにしても…

なぜゆうちゃんは小学校へ行ったのでしょう?

あれほど行きたくなかったはずなのに…。


実は、2日ほど前。

散歩へ出かけた際、授業で落ち葉拾いにやってきた小1&先生と出会ったのです。

顔見知りの先生と出会って、ふと小学校を思い出したのでしょうか?

それとも…

ゆうちゃんの中では、まだ小学校は終わっていなくて、次へのステップ(中学校へ通うには)

動けなくなった場所に戻って、そこから「やり直し」しようと思っていたのでしょうか?

…謎です。

ゆうちゃんの行動は、本当に全く予測不可能です。



この週末は、またXIVへ行く予定。

週明け、ゆうちゃんはどんな行動をするのでしょう。

今後のゆうちゃんの行動には、ますます目が離せなくなってきましたっ!!
スポンサーサイト
2008.11.28 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
本日。ゆうちゃんは13才を迎えました!

お世話になっているみなさま、ブログを読んで下さっているみなさま。

いつもありがとうございます。


ゆうちゃんもいよいよティーンエイジャー突入です

ムズカシイお年頃がやってきます。


そして、お母さん歴13年のハハ。

こちらもまだまだ未熟者です。

これからもゆうちゃんと共に成長していけるようがんばっていきたいと思います。


今日は、ハハ特製のバースディケーキでお祝いをしました

今年は、超豪華!ゆうちゃんの大好きなフルーツをおもいっっきり!のせてみました

のせすぎ?(笑)
ケーキ


あら、びっくり!

ゆうちゃんは珍しく!フルーツだけでなく、下のガトーショコラも食べてくれました!

さすがっー!ティーンエイジャーはちがうなぁ~(笑)
2008.11.21 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(7) TB(0) l top ▲
街はもうすっかりクリスマスイルミネーション一色。

我が家もそろそろクリスマスの飾り付けを…と、

庭のモミの木に飾りを付け、一年ぶりに押入れからサンタさんも登場しました




すると…何を思ったか?


突然!ゆうちゃんは、サンタさんを連れて散歩へ出かけたのです

IMG_1918.jpg

IMG_1917.jpg


すっかりご無沙汰だった公園までへも足を延ばし…

サンタさんと一緒に遊具へ(笑)

IMG_1922.jpg

IMG_1923.jpg

久しぶりのサンタさんを外へ連れ出してあげたかったのでしょうか?

再会を分かち合っていたのでしょうか?(笑)

公園へ行った後、いつもの散歩道を歩いて無事に帰宅。


帰宅したのは夕方5時。むちゃくちゃさむーーい散歩でしたが

ゆうちゃんのうれしそうな顔を見ると、そんな寒さも吹き飛ぶのでした
2008.11.20 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(3) TB(0) l top ▲
『夜のウォーキング』がきっかけとなり…

最近、ゆうちゃんは、散歩をはじめるようになりました。

そして、先週はなんと!先生と二人で散歩へ出かけたのです


↓せんせいとゆうちゃん
せんせいとゆうちゃん


ほんの30分ほどで戻ってきたのですが、

途中、先生は「ゆうちゃんは、一体どこまで行くんだろう?」と、ドキドキだったそうです。

家で待っているハハも、いつ携帯が鳴るだろう?とドキドキでした(笑)


ほんの少しずつだけれど、こうして外へ出かけていけるようになったことがとても嬉しく、

そして、何より、ゆうちゃんの気持ちに添って「訪問教育」をして下さる先生方と出会えたことに

本当に感謝したいと思います。
2008.11.16 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
ともだちからのおくりもの。



「美術館へ行ってきたから~!」

と、送ってきてくれました。

こんなさりげな~いおくりものて、なんかスゴクうれしい!


いつも読んで下さっているKちゃん

ありがとう!

また報告しといてください(笑)
2008.11.14 Fri l お料理・その他 l COM(0) TB(0) l top ▲
ヒヤッとする出来事がありました。

先週、近くの温泉へ出かけた時のことです。

このところずっと、今まで行ったことのない温泉・銭湯へは行ってくれないゆうちゃんだったのですが。

ちょっと冒険をしてみよぉー!と、

わざと行ったことのない温泉へ車を走らせてみたのです。

意外にもすんなりと車を下りて温泉へ入ってくれたゆうちゃん。


やったぁー!(と、小さくガッツポーズ)


もちろん、ゆうちゃんはチチと男湯へ。そしてハハは女湯へ…。


入浴後、ちょうど同じくらいのタイミングで出てきたようで、チチの姿を発見。

が、しかし!なんだか慌てているチチ!

そして、ゆうちゃんがいないっ!!!!

「ゆっ、ゆうちゃんはっ????」と聞くまでもなく

「ゆうちゃんが先に出て行ってしまってん!」とチチが言うので、

慌ててあたりを見回すのですが、ゆうちゃんの姿がありません。

ビックリして慌てて、フロントのお姉さんに、

「男の子が一人で出て行きませんでしたか?」と聞いてみると、

「あ、いま、出て行ったので、従業員がついて行ってます!!」との返事が!

慌てて階段を下りて出口の方へ行ってみると、

エレベーターの前で、しゃがみこんでいるゆうちゃんと従業員のおねえさんを発見。

しかも、ゆうちゃんは、ズボンをはかずに手に持ったまま、シャツとパンツ姿


更衣室で、チチは、ゆうちゃんがパンツをはいてシャツを着て、ズボンをはこうとしているトコロまでは確認していたらしいのですが…

荷物をカバンにつめている間に、どうやら?ズボンを手に持ったまま出て行った様子。


そして、ゆうちゃんが気になっていたのは、どうやらエレベーター

初めて行った場所だったので、最初、ゆうちゃんは勝手が分からず、

チチ・ハハの「こっちやで~」という誘導で、男湯に入ってしまったのですが、

エレベーターには最初からチラッと視線がいっていました。

その時点で、「あ、エレベーターに乗りたかったのかな…」と思いつつ、

「こっちやで~」の言葉で、動いてくれたのでそのまま通り過ぎていたのです。

その予感は的中していて、やはりエレベーターの事は相当気になっていたようなのです。

なので、お風呂から上がると一目散にエレベーターに向ったのかな?と。(これはハハの推測)


幸い、ついて行って下さった従業員のおねえさんが、とても素敵なおねえさんで。

優しくゆうちゃんの側についていて下さった様子で…。

「すみません!!!」と何度も誤ると、

「いえいえ、ここで止まってくれたから良かったですー」と笑顔で言って下さり、

「じゃあね。バイバイ!」と、ゆうちゃんの頭をチョンと撫でて行ってくれたのです。

ゆうちゃんにもあやまらせて、おねえさんに「ありがとう」を言ってバイバイ。

そして、気になっていたエレベーターに乗って二階まで行き下りてきて納得したゆうちゃん。



ふぅ~。

いやぁ~。久しぶりにヒヤッとする出来事でした。

そして、ゆうちゃんが自立する…親離れしていく…

ということは、こういう場面が増えていく事を改めて実感させられたのでした。


ゆうちゃんの自立のためには、これからどんな事が必要なのか?

まさに、課題を突きつけられた…

そんな出来事でした。
2008.11.12 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
報告しま~す。

実家での1週間の滞在を終え、無事、文化の日に自宅へ戻ってまいりました!

一週間の滞在中。

なんと!ゆうちゃんは、毎晩『夜のウォーキング』に参加していました。

しかも!チチとハハは、参加させてくれません…。

一緒に出かけようとすると、家の前に座り込んでしまって動かなくなってしまうのです。

「ゆうちゃん、いこーよー!」 と、声をかけても全く動いてくれないので、

「ハハ、一緒にいったらダメ?」 と聞いてみると、

「ダメ」 という返事が…(><)

仕方なく、門の中に入り(家へ入った振りをして)そぉーっとゆうちゃんの動きを伺っていると、

ハハが居なくなったのを確認するやいなや、サッサと立ち上がって歩き始まるのです


そんな様子なので、夜のウォーキングは、私の両親とお隣のご夫婦におまかせすることに。


一週間、毎日約一時間のウォーキングを続けたゆうちゃん。

その成果は、これまで見えなかったゆうちゃんの成長を知ることが出来たのです。


まずは、信号を守れるようになっている事がわかったこと。

これまで、「信号を守って渡る」ということがなかなか出来ませんでした。

信号の度に、「あか」「あお」を一生懸命教えてきてはいたのですが、

本当に一人で渡れるのか?は疑問でした。

それが、ウォーキングの途中。

信号に差し掛かると、ちゃんと「赤」で止まっているそうなのです。

時々、「赤」なのに、ふらっと渡ってしまいそうになった時には、

「ゆうちゃん!“あか”やで!」と声をかけると、

立ち止まって“あお”になるまで待つことが出来ているそうなのです。

それどころか、“あお”になっても、車が来ていないか?左・右を自分の目で確かめて横断歩道を渡っているそうなのです。

すごいやん!ゆうちゃん!

と思っていたら、横断歩道がないところでも車が来ていないか?確認出来ているし、

後ろからヘッドライトの明かりがすると、道の端によって車が通り過ぎるまで待っているそうなのです。


そんなゆうちゃんの姿に、ばあちゃんもお隣の家のおばちゃんも感激だったそうです。

(今までだったら、危なっかしくて…手を掴んで道の端へ連れていかなければいけませんでしたから


そして、帰宅する前日の日曜日夜。

なんと、ハハをウォーキングへ連れて行ってくれたのです。

ハハは、ゆうちゃん達のウォーキングコースを知らないので、ひたすらゆうちゃんに着いていくことに。

すると、私が今まで行ったことのない裏道などを歩いて、実家に到着。

ゆうちゃんに道案内してもらい実家にたどり着いたのです。


その姿にもうビックリ。

信号はちゃんと守っているし、車にもちゃんと注意を払っているのです。

そして、何よりちゃんと家へたどり着けること。

これなら、もし一人で出かけていってしまっても、間違いなく家へ戻ることが出来る!

というのを確信できたのでした。


これがいわゆる「自立」への一歩なんだろうなぁ~。としみじみ…。


「自立」ってね。

親が「自立させよう!」と思って、何かをさせて、出来るようになるものでは無いんですよね。

そもそも「自立」とは、「させよう」とするものではなく、

子どもの発達段階にあわせて、その時々を十分に付き合っていれば、

気がついたら(手を借りなくとも)自然と出来るようになっている…。

それが本当の「自立」と言えるものなんですよね。

ゆうちゃんを見ながら、しみじみそう感じるハハなのでした。
2008.11.08 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。