上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
リトル ターン / ブルック・ニューマン (五木寛之:訳)

リトルターン


このところ何度となくこの本を読み返しています。


リトル ターン」は、なぜかわからないけれど飛べなくなった鳥のおはなし。

その鳥は、うろたえて、おろおろして、なんとか歩いているうちに、

飛ぶことだけが鳥のあり方でない事に気づきます。

自分がふだん振り返りもしなかった地上にも、さまざまな営みがあり、それも面白いと気づいた時、

再び飛べるようになる。


訳者の五木寛之さんが書かれているように、


「これは奇妙な物語。やさしいお話のようで難しく、わかるようでわからないところがある。」

「『かもめのジョナサン』が左脳で書かれた物語なら、『リトル ターン』は右脳的な寓話である」


そうなんです。

何回読んでもわかったような、わからないような…。

でも、読むたびに違ったことを感じさせてくれる不思議な一冊なのです。



最初にこの本を読んだ時。

なんとなく「星の王子さま」が思い浮かびました。


そして、この中の一節。

「普通とか普通でないとかいう見方にとらわれている限り、普通でないものは普通じゃないんだ」

「きっときみは、自分が知っていることに慣れすぎているんだよ。 きみはこれから、自分が知らないことを知る必要がある」


この一節に、立ち止まってしまいました。


そう、まさに「フツウって何だろう?」と、考えていた時でした。

まずは、「知らないことを受け入れることができる自分でなければ!」そう思わせてくれた一節でした。


そして、少し前にこの本を読み返し、

今度は、別の場所で立ち止まってしまいました。


「ただ待って時間を無駄にすることと、待ちながらじっくり学ぶことの違いを発見せよ」

ハッとさせられました。

「待つ」ことの大切さと難しさをずっと感じてきた私です。

違いを発見できているのか?自分に問いかけることになりました。


そんな中で、最近読んだ本。

訳者である五木寛之さんご自身の本「自力と他力」の中で、こんな一節を見つけたのです。


「エンジンのないヨットは、風が吹かなければ動きません。

逆風であれ、順風であれ、まったくの無風状態では帆走することは不可能です。

他力という風が吹いてこない限り、ヨットは自力で走ることは出来ないのです。

しかし、ただひたすら風だけを当てにしてぼんやりしているだけでもダメでしょう。

いつかは、風が吹くと信じて、そのチャンスを逃がさないようにしっかり見張っている必要があるのです。

せっかく風が吹いてきても、帆をおろして居眠りしていたのでは意味がないのですから。

とはいえ、走らせようと気持ちだけあせって、手で水をかき回しても、ヨットは前に進まないでしょう」



飛べなくなったリトルターンが、地上で出会ったモノは、何かを導いていくれるような偉大なものではなく、

気まぐれな動きに見える星や、物言わぬ花に蝶。そしてゴーズト・クラブという奇妙なカニ。

それぞれに、自分の立場で自分の生き方を貫いている生き物達。

リトルターンは、その生き物達との出会いによって、再び自分が飛べるようになる。

それは誰かに飛べるようにしてもらったのではなく、自分の力で飛べるようになったのです。


大切なことは、ただ出会いがあったから飛べるようになったのではなく、

自分自身が何かに気づかなければ、決して飛べるようにはならなかった。ということ。



「待ちながら学ぶこと」の答えが、ちょっとだけ見えたような…そんな気がしたのでした。
スポンサーサイト
2008.06.25 Wed l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲
とっても素敵な写真集を見つけました!

水景


「流れる水」が大好きなゆうちゃんは、今、この写真集にくぎ付けです。


↓こちらは、ゆうちゃんお気に入りの写真集たち。

IMG_1414.jpg


一番手前にある「」という写真集は、

3才くらいの頃、書店でゆうちゃん自身が手に取り、離さなくなってしまった本。

それから、何処へ行くにもこの本が一緒でした。

4才になり、始めての集団生活(保育園)へも、この本を持って通いました。

友達の家へ遊びに行くときも…病院での待ち時間も…移動のバスや電車の中でも…

いまどきのこどもなら、きっとゲームを持ち歩くのでしょう。

でも、ゆうちゃんが肌身離さず持ち歩いたのは「滝」でした。

そんな、大切な大切な一冊なのです。



いつの頃からでしょうか?

気がつくと、

私は、いつもゆうちゃんを通してモノをみるようになっていました。

「あ、これ、ゆうちゃんが好きそう!」 とか 「これは、絶対苦手だろうな~」とか。


そんな中で見つけた ジョニー・ハイマスの「水景(MIZU GESHIKI)」

書店でこの本を見つけたのですが、表紙が少し汚れていたので、

新品を取り寄せて欲しい!と、店員さんにお願いしました。

すると、この本はもう絶版になっていて出版社にも在庫がない。との事。

amazonで調べてみると、定価より値段が上がってるではありませんかっ!!

驚いて、即買い(笑)


ゆうちゃんを通して物事をみるようになると、

今まで、自分では気づかなかった・知らなかった世界を知ることが出来て、

私自身を、とても「豊か」にしてもらっているな~。と感じます。



そんなゆうちゃんの最近の姿↓


おやすみ



布団の中で本を見ながら寝てしまったゆうちゃん…。


これって、、、 ハハの姿そのもの(笑)

ゆうちゃんも、しっかりハハの影響を受けているようです
2008.06.17 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
今週のゆうちゃんは、アートな日々を送っています。

あじさい


↑こちらは、紙粘土・色砂 を使って「あじさいの花」作り。


そしてこちらは↓音楽とコラボ♪

風になりたい~♪を聴きながら…)
アート1



鬼武者~♪を聴きながら…)
アート3


(鬼武者の曲と共にどんどん激しくなるゆうちゃん…)
アート2



ゆうちゃんの筆運びには、「迷い」がありません。

次から次へと迷いなく色を重ねていく姿は、とても集中していて迫力さえ感じます。

どんどんと色を重ねていくゆうちゃんは、何かを作ろうと(出来上がり)を意識して描いているのではなく、

ただ自分の思いをそこにぶつけているような?そんな感じです。



思えば…学校の授業って。。。

「作品」を作らされるばかりで、自由に思いのまま好きなように描けることって、殆どないんですよね。



ゆうちゃんのように、迷いなく思いっきり自由に筆を運べるって、なんかいいなぁ~と思うのでした。
2008.06.06 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(6) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。