上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
我が家のちょっとしたブーム。

それは、「小さいおじさん」です(笑)

きっかけは、たまたま「オーラの泉」(ゲスト:羽野晶紀さん)を観たことから。

小さいおじさん

それは、「オーラの泉」の中では結構有名な話らしく…

いろんな人が「小さいおじさん」を見ているらしい。

例えば、的場浩司さんの場合。小さいおじさんにいたずらされた、とか。

釈由美子さんの場合。排水溝に小さいおじさんが流れていった、とか。

そして、この日のゲスト:羽野さん宅の二階にも小さいおじさんがいるらしく…

子ども達が、「二階に小さいおじさんがいる!!」と言うらしいのです。


江原さん曰く…

これは自然霊。妖精のようなものらしい。

霊感がある人や、純粋で、無邪気な人には見える。

だから、子供が見やすい。


他には、岡田准一くんなんかも見えるらしく…

「小さいおじさん」は、有名らしいのです(笑)


そして、我が家のゆうちゃん。

ゆうちゃんも小さい頃から私達には見えないものが見えるようで、

時々、家の中のある場所(いつも同じ場所)を見ながら話しをしています。

時々、じぃーと眺めていたり、ケラケラ笑ったり、その場所に誰かがいるかのように?謎の会話を交わしているのです。

きっと、私達には見えない何かが見えるんだろうなぁ~?と、これまでもそう思って見ていたのですが…


これは、きっと小さいおじさんなんだろう!!と(笑)


ゆうちゃんがその場所に向かって話しを始めると、「おぉー小さいおじさんいてるで~」

などと、我が家では盛り上がっておりますw(笑)



そして…あいにく霊感など持ち合わせてなく、純粋・無邪気な心も遥か昔に置いてきてしまった(^。^;)ハハは。。。


最近、「小さいおじさん」を携帯で飼っています(爆)

auのソニーユーザーならご存知だと思いますが、

ソニーエリクソンの携帯には、着せかえメニュー(携帯アレンジ)というのがあり、

その中に『頑張れサラリーマン』なるものがあるのです。

oyaji.gif


サラリーマンのおじさんの日常生活風景。

禿げたおじさんは、カツラを被って会社へ出勤。

通勤電車の中、食事の様子、仕事ぶり、休日に公園で一人ブランコをこぐ姿…

すっかりハマってしまい(^。^;)365日変化するおじさんに目が離せないのです(笑)
スポンサーサイト
2007.12.30 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
銃


昨日、私は拳銃を拾った。これ程美しいものを、他に知らない―。
ある夜、死体の傍らに落ちていた拳銃。
それを偶然手にした私は、次第にその“死と直結した機械”に魅せられていく。
救いのない孤独と緊張。膨らみを続ける残酷な妄想。
そしてその先には、驚愕の結末が待っていた…。
非日常の闇へと嵌まり込んだ青年の心の軌跡を、確かな筆力で描く。
若き芥川賞作家、堂々のデビュー作。
【『銃』の内容紹介より】



中村文則さんの小説は全て読んでいるのですが…

この小説は、先日の長崎県佐世保市のスポーツクラブで起こった銃乱射事件の容疑者の

「狂気」を彷彿しているかのように感じます。


幼児期に施設で育った経験を持つ主人公(大学生)は、無気力無関心で満たされない毎日を送っていた。

ある日偶然に銃を手に入れたことから、生活は一転。とたんに全てが生き生きとしてきます。

銃を眺め、銃に触れ、銃を磨き、銃の事を考えるだけで…

くだらない日常生活がとても素晴らしいものに見えてきます。

日常生活がだんだんと『銃』を中心に回りだし、

『銃』の存在によって、自分自身がとても大きな存在であるかのように錯覚していくのです。

満たされない空虚な現実の中で、銃への依存はどんどん高まり、歪んだ妄想と狂気に飲み込まれていきます。

『銃』のその魅力は次第に「引き金を引く」ことになり、

「動物」そして「人」を撃ちたいという欲求に支配されていってしまうのです。



先日の銃乱射事件。

一方的に思いを寄せていたインストラクターの女性と親友を道連れにし自殺した馬込容疑者。

彼がどのようにして狂気に飲まれていったのか?何を思っていたのか?は、

永遠に謎につつまれたままで、きっと解明できることはないのでしょう。

ただ、こういう事件が起こると、必ずといっていいほど表面的な事ばかりに捕らわれ、

規制だの禁止だの廃止だの…という流れになっていきますが、(既に銃規制強化が申し入れられたようですが)

それは何かちょっと滑稽に思えてしまうのです。


肝心な事は、二度とこのような人間を作っていってはいけない。という事なんじゃないでしょうか。

どんな危険な物があったとしても、それを 使う・使わない は、「人」が決めること。

心の闇に支配されてしまう人間を作らないコトが大事だと思うのです。


「おれは大きなことができる」と友だちに言ってた容疑者の言葉が、何だかこの小説と重なり、

もう一度読み返したくなったのでした。
2007.12.22 Sat l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲
ゆうちゃんが大好きなトップハムハットキョウ

(トップハムハットキョウとは…「機関車トーマス」に登場するヒト。鉄道会社で一番偉い局長さんです)

この方 ↓です(笑)




このハットキョウは、ゆうちゃんが3歳の頃から持っている大切な人形。

ゆうちゃんは、使ったモノはきちんとあるべき場所に戻すので、「オモチャを無くす」という事が

今まで殆どありませんでした。


それが!です。

ここ2年くらい、このハットキョウが行方不明だったのです。

どこへ片付けてしまったのか?

誰かが遊びにきた時に、他のオモチャの箱に入れてしまったのだろうか?

あらゆる場所を探し回ってみましたが見つかりません。

ゆうちゃんに、「ハットキョウどこいったん?」と聞いても、そ知らぬ顔。

ま、本人がいいなら、それでいいかぁ~と思い、探すのをあきらめていました。


するとです!


先日、ゆうちゃんのベッドを掃除していると…

IMG_0995.jpg


手が当たって、白いプラスチック部分が外れてしまいました。

みてびっくり!!!

何と、中からハットキョウが現れたんです!!!

うわぁーこんな所に入ってしまってたんだー!!

友だちが遊びにくると、この部屋でオモチャを出しまくって遊ぶので、

きっと、何かのひょうしに入ってしまったんやなぁ…。

でも、見つかって良かったぁー!!

「ゆうちゃーん!ハットキョウが見つかったよー!」と、大興奮しながら(笑)ハットキョウを渡しました。

しばらくじぃーと眺めているので、きっと2年ぶりのハットキョウにゆうちゃんも大感激なんだろう!と勝手に思い込んでいました。


すると、次の日…


またハットキョウが行方不明なんです。

あちこち探し回っても見当たりません…。

ゆうちゃんに聞いてもそ知らぬ顔。

ん?せっかく見つかったのに!!…一体何処へやってしまったんだろう??と不思議に思っていました。


そして今日。

この間と同じようにベッドを掃除していると…

また同じ場所にハットキョウが!!!!!!!

IMG_0996.jpg




そうだったのか…。

何かのひょうしに入ったのではなく、ゆうちゃんがココへ入れてたのか!!

それにしても、なんでココなんやろ?(謎)

2年経ってもまた同じ場所に入れに行く!という事は、

ハットキョウのいるべき場所はココなんですよね。


発見して大興奮していたのは、ハハだけだったようです…_(^^;)ツ アハハ
2007.12.19 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(8) TB(0) l top ▲
今日は、ゆうちゃんとアップルパン作り。


まず、りんご切りから。

皮むきは上手くできないので、ゆうちゃんにはリンゴを小さく切ってもらいました。




切りながら…ヾ(・・;)ォィォィ!!つまみ食いするゆうちゃん(笑) 

IMG_0990.jpg


中には、かじったリンゴも入ってる?!…(^。^;)

IMG_0992.jpg




そして…出来上がったリンゴは、こんな風にヘンシン\(0\0)ゝしましたぁ~!

IMG_0964.jpg



一気にペロッと食べちゃうゆうちゃん。


何も食べてくれなかった日々を思い出すと…

一緒に作って、一気に食べてくれるなんて!

それだけで、とっても嬉しいハハなのでした☆
2007.12.18 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(4) TB(0) l top ▲
伊坂


ふぅ~終わってしまったぁ…

伊坂幸太郎最新刊!「ゴールデンスランバー」読了です。

既にもうあちこちで絶賛されているので、私が語るまでもありませんが、

すごかったですよー!

頁をめくる手が止まらない!!とは、まさにこんな小説です。

伊坂幸太郎集大成!などと絶賛されていますが、確かに!

『魔王』を思いっきりエンタメ色濃~くして、そこへあらゆる伊坂エッセンスを散りばめた。。。

そんな一冊のように思いました。

エピローグがまた粋"ですしね。(ネタバレない程度に↓)

(「痴漢は死ね」にはウルッときました

もう…さすが伊坂さん!上手い!!としか言いようがないです。

(「大変よくできました」ですよね


そして…


これを読んで、また一つ本との偶然というのがあったのです。

数日前の日記に書きましたが…これを読む前に読んでいた「夜は短し歩けよ乙女」

その中に↓こんな一節がありました。


私は本との偶然について考えていました。
たとえば、自分が長年探していた本と出会うこと。
あるいは、ちょうど歩きながら考えていた本が、ふいに目の前に現れること。
買って帰ったまったく内容は関わりのない何冊かの本の中に、
同じ事件や人物について書かれた一節があるのを発見すること。
甚だしい例では、昔自分で買った本が古本屋を巡って、自分のところへ帰ってくることもあるそうです。


↑読みながら…

私自身、本との不思議な出会いが何度もあったので、あるある!!

とめちゃくちゃ共感していました。


するとです!


なんと!続けて読んだこの二冊に同じ言葉が出てきたんですよ。


人事を尽くして天命を待て


まさに!今私に与えられた言葉なのかな、と。

本との偶然ってホントに不思議だぁ~~!!
2007.12.13 Thu l 本・アート・音楽・映画 l COM(2) TB(0) l top ▲
昨日、学校菜園で出来たさつまいもを先生が持って来て下さったので…

さっそく!ゆうちゃんとスイートポテトを作ってみました!

皮むき☆
IMG_0965.jpg


マッシャーを使って芋をつぶします☆
IMG_0969.jpg


まぜまぜ~☆
IMG_0970.jpg


今日は、絞り袋を使ってみました!ゆうちゃん、なかなか上手いっ☆
IMG_0972.jpg


そして、出来上がり☆
IMG_0984.jpg



とぉ~っても美味しかったです☆
2007.12.12 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
こんなニュースが!

子どもの抜けた乳歯から、本人や親の骨折を治せるようになるかも知れない――。

名古屋大学は6日、乳歯や親知らずを集めて幹細胞を抜き出し、

保存する「乳歯幹細胞研究バンク」を同大医学部=名古屋市昭和区=に設立した。


(詳しくは→asahi.com


そしてこちらは↓ ゆうちゃんの乳歯たち(笑)




大事にとっておいた甲斐があったわん!…なーんて訳ないですよね(^。^;)

保存の方法は↓

乳歯や親知らずを48時間以内に届けてもらい、歯髄幹細胞を抜き取って培養、保存する。

家庭で抜けた歯は、密閉できる容器に牛乳といっしょに入れ、

宅配便で10度前後に保って届けてもらうことなどを想定している。



なんと、牛乳につけて保存するそうです。

ドリュールといい、、牛乳の意外な使い方をここでも発見したのでした^^


2007.12.10 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
夜は短し歩けよ乙女


「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦 読了。


いやー、おもしろかった!おもしろかった!

モリミー最高です!!

読みながら… なんとなく「めぞん一刻」を思い出したのは、私だけじゃないらしく…

読了後、Amazonのレビューを見てみると、

高橋留美子の世界観と似てる!と書いている人がいて。。。やっぱり!!と。

とっても不思議な世界感なんだけど、地名や書名はリアルで。

「京都をご存知の方」には、たまらない一冊なんじゃないかなぁ?

あと、「これから京都を観光しよう!」って方にもとってもオススメ!!

これを読んで木屋町や先斗町辺りを歩くと、なんだかフワフワして気持ち良いかも?です(笑)

ついでに、どこかで「偽電気ブラン」が飲めたりなんかしたらもう最高だと思いますw

(偽電気ブラン…木屋町辺りのバーで作ってないだろうか??)


独特の文体と不思議な登場人物達(樋口さん素敵すぎ!)が現れるとっても面白い一冊です。


あ、多分、コレ読みながら何度もニヤニヤ笑ってたと思う(笑)

一人きりで読んでたから良かったけど、電車の中だったりしたらちょっと恥ずかしかったかも
2007.12.07 Fri l 本・アート・音楽・映画 l COM(4) TB(0) l top ▲
ぶどうパン


今日焼いたパンですw

この所、ずっとゆうちゃんのパン党が続いているので…

段々とハハのパンのバリエーションも増えてきましたv(=∩_∩=)

今日作ったのは、ウインナーパンとぶどうパン。


パン作りが楽しくなってきて、パンのレシピ本を見たり、ネットを徘徊したりして、いろんなパン情報を仕入れていたら…


こんな事を知りました!!


ドリュールって…

(ドリュール=ツヤを出すためにオーブンで焼く前にハケで塗るもの)

今まで、ドリュール=「溶き卵

だと思っていたのですが…こんな方法もあるのです!!


みりん+グラニュー糖

卵が足りない時に、代替に「みりん」を使っていた事はあるのですが…

その上にグラニュー糖をふりかける事でとってもツヤ良く仕上がるんです!


そして、もう一つの方法。

なんと!「牛乳」を使うのです!!

今日焼いたのは、ドリュールに「牛乳」を塗って仕上げたものです。

ほど良いツヤが出て、パン屋さんで売ってるようなパンが仕上がります☆


お試しあれぇ~^^
2007.12.06 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
さざなみ


最近の我が家のヘビーローテンション。

スピッツ/さざなみCD ですw


ゆうちゃんは、観るもの、食べるもの、聴くもの…

それぞれにおいて、、

好きなモノは、飽きるまでとことん観まくって、食べまくって、聴きまくる人である。


多分、デラウェア(ぶどう)、ブルーベリーは、一生分食べた!と思うし…

スピッツの「猫になりたい」は、一生分聴いたんじゃないだろうか?…と思う。


そのこだわり方は、普通では考えられないくらい半端じゃない。

デラウェアを食べていた時は、デラウェアしか食べないのである。

他の物を食べさせようとしても絶対に食べないのだから…

命かけてのこだわりといってもいいかもしれない。


スピッツの「猫になりたい」の時も凄かった。

アルバムの中に入っている「猫になりたい」一曲だけがリピートされるのである。

それはもう、猫になれるんじゃないかというくらいの毎日(笑)


それが、ある時突然、ピタリと終わるから面白い。

飽きた…というか、納得がいった。という感じなのです。



さて、最近ヘビロっている「さざなみCD」

コレ、めちゃくちゃいいです!!!!!! 

ハズレなし!っていうか…  一曲を選べないアルバム。

シングルで発売されていた

「魔法のコトバ」「ルキンフォー」「群青」は、もちろん最高!だし…

その他の曲のどれもこれもがそれぞれ良すぎて、、、

どれが一番好き?と聞かれても、、、選べない…(><)

*あえていうなら…ツボだったトコロは、「君で飛べる 君を飛ばす」かな。


ゆうちゃんも一曲が選べないのか?それともこのアルバム自体が気に入ったのか?

一曲をリピートする事なくこのアルバムが流れている…

そんな、さざなみCDな毎日ですw



よろしかったら… こちら↓猫になりたい 「消えないように傷つけてあげるよ…」



2007.12.04 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(6) TB(0) l top ▲
堀先生から頂いたコメント。

ぜひ皆さんに読んで頂きたいので、改めて載せますね。



「自分の人生、誰のもの?」

どの人も自分の人生を他人から決められたくない。

しかし、自分の人生を自由に生きたいと思っていてもそうはなかなかいきませんね。

それが現実です。

しかし、なかなか自分の望むような人生を生きていくことができないからこそ

また少しでも自分の人生を生きていきたい、そうも考えます。

これまで障害があると「障害のある人の人生」を生きざるを得な状況がきつくあったと思います。

今もそうですね。親もそう考えざるを得なかったと思います。

しかし、そうありたくないですね。

厳しい現実が壁として立ちはだかっているけれどだけどあきらめたくないですね。

自分は自分だから、可能な限り自分の人生を生きていきたいですよね。

これは障害のあるなしにかかわらずそうだと思います。

人間の数だけその人に人生があるのだと思います。

だからこのことをめぐって、この世ではいろんなドラマが日々くりひろげられているわけですね。

ゆうちゃんはどんな人生を生きたいと願っているのだろうか。

それはゆうちゃんに聞くしかないですね。

彼は自分の行動を通してそれを訴えていると思うし、これからもそうしていくと思います。

可能な限りまわりの人はそれを尊重したいと思います。

そして彼も私達も、

<<お互いにそれぞれの人生を支え合っていけるような関係>>

が少しでもできていけばいいですね。

生きていてよかった、と思える瞬間が少しでもあればいいですね。
2007.12.01 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。