上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
20070731125853.jpg


我が家の庭のセミ達ですw

今年は、セミの当たり年らしく…?

*セミの抜け殻調査などで大阪市内のセミの数を調べている

大阪市立大の沼田英治教授らは、今夏、セミの出現が昨年の
 
約2倍にのぼると予想しました。
 
教授によると、今年は4年ぶりに大量発生の年なのだとか?!


いっぽう米国では!

*日本のセミとは全く違う13年と17年の周期で発生する

「周期ゼミ」と呼ばれる種類のセミたちが生息していて、今年は、イリノイ州シカゴなど、

北米中部がその中でも17年周期のセミたちの発生年にあたるのだそうです。

13年または、17年間地中で過ごし…その成長はほとんど同期していて、

一斉に羽化するのらしい( ゜_゜;)!!!!

しかも、年数が『13・17』という素数であるから素数ゼミとも呼ばれているのだそうです。




まさに、自然の神秘・数字の神秘ですよね…。

セミ達の体内には、17年にセットされた体内時計があるのでしょーか?

それとも、「よし!みんな!そろそろ羽化するぞぉー!!」とか、

声掛け合ってるんでしょーか?(笑)


いやはや…なんだか、ものすごく感動しませんか?

こういう自然の凄さを見せつけられた時、畏敬の念を感じずにいられません。



そして、そんなセミをゆうちゃんに見せてあげようと…

ばあちゃんが捕まえてきてくれました!!!

(あっっ、ハハは昆虫類が苦手ですぅ…δ(⌒~⌒ι)

IMG_0778.jpg


(ゆうちゃんも背中がビビッてる?(笑))


スポンサーサイト
2007.07.31 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
久しぶりに読んだ本の感想を書いてみようと思います。

『治療島』 セバスチャン・フィツェック
 



あっ、この先は…

今から読もう!と思っている方は、読後にどうぞ!
2007.07.26 Thu l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
河合隼雄さんがお亡くなりになられました。

河合さんの本には、お世話になってきたので、とても残念でなりません…。


「ユングは好きやけど、ユング派は嫌いや」


という河合さんの姿勢が信頼できるところでした。



河合隼雄といえば…「箱庭」ですが、、

ゆうちゃんも自分で "ゆうちゃん流箱庭" をやっているんです。





時々、机に座って↑こんな風にいろんな物を並べ始めます。

納得いくまで全部並べ終わると、机の上から全て消去します。

ゆうちゃんの中で…いろんなコトを整理しているのか様子です。


箱庭療法では、箱庭を造ることによって本当のこころを表現することができ、

本来の自己を発見して、自己に確信を持ち、精神の成長を遂げることが可能になる効果があるといいます。

ゆうちゃんは、今、自分に必要な事がちゃんとわかっていて、

必要最低限の動きで過ごしているのかもしれないなぁ~なんて思ったり…。




河合隼雄氏のご冥福を心からお祈り致します。

2007.07.20 Fri l 今日のゆうちゃん l COM(1) TB(0) l top ▲
先日ちょうちょが羽化したゴーヤが、しっかりと実を生らせてくれました。

庭に植えた野菜たちが豊作で…

特にトマトは、わっさわっさと実がなってくれてますキラキラ(こんな感じ↓)

20070719122816.jpg



絶対安心して食べられるもの…

それはもう自分の手で作らなくちゃいけなくなってるのかもしれませんね。



偽装コロッケ" に 偽装肉まん"…。

かと思いきや、、、肉まんは、捏造だったとか??(ホントに捏造?)


一体、何が本当で何が嘘なのか??



肉まんに「ダンボール」が混入されているだなんて、フツウ考えられないコト。

でも、「中国ならやりそぉー!!」「中国ってやっぱりデタラメな国だよなぁー!!」

みたいな?群集心理が(自分も含めて)怖いな、と思いました。


信じられるものって…

結局は、自分が作り上げてきたもの(目に見えないものも含めて)にしかないのかもしれません。


子育ても同じなんじゃないかと思う。

他力本願でいると、後で必ずしっぺ返しがやってくる。

先生や専門家になんたら療法。

結局は、その子の人生のある一部分を見ているだけに過ぎないのに…

依存する人が増えてきている…。




本当に大切な事は何か?

あふれる情報の中から選び取る力が必要で…

自分で考え、シコウもモノも作っていかなければならないなぁ…と思うのでした。








2007.07.19 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
先日、ゆうちゃんの様子を心配して聞いてくれた友人がこんな話をしてくれました。


~最近のゆうちゃんの様子

家の中では、ご飯を食べるようになった事。

時々、外出するようになったけれど、まだ外での食事が出来ない。

家に戻るまで絶対に何も口にしない事~ 

を話しました。



すると、それを聞いた友人。


「その、ゆうちゃんの気持ち、ちょっとわかるわぁ~」

と言うのです。


「え??どんな気持ち…?外で食べない気持ち?」

と聞くと、


「うん。ゆうちゃんは、食べる事が好きなんやろね。

 きっと純粋に食べる事を楽しみたいんとちがう?」


と言うのです。


「ん????どういう事?」

と聞いてみると…


友人自身も、食べる事が好きで、純粋に「食べることのみ」を楽しみたいのだそうです。

だから、できれば、外で食事をしたくないらしい。

何人かで食事へ行っても、どうしても食べる気持ちになれずに…

お腹が空いていても、ドリンクだけで済ませて、家に戻ってから食べる事があるのだそうです。


食べたくないのではなく、食べる事を純粋に楽しみたい。


もう、目からウロコでした。

…ニブイ私には、全く思いもつかなかった事でした。

世の中には、こんなに繊細な感覚をもった人たちがいるということ。

そして、そういう人達に今の世の中はとても生き難く…

きっとどこかで折り合いをつけて生きていってるんだろうな…

ゆうちゃんもきっと折り合いの付け方を自分で掴んでいかなければならないんだろうな…

と思うのでした。

鈍感力ばかりが持てはやされる世の中。

繊細である事"も大切にしていきたいですよね。






2007.07.09 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。