上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
週末、「特別支援教育を考える全国フォーラム」へ行ってきました。

二日目の分科会には参加できませんでしたが、

たくさんのお話を聞かせて頂き、とても刺激になりました。



まず、北海道在住・26歳の山崎恵さん。

生まれつき下半身不随、動かせる指は右手の親指だけという障害をもっておられます。

障害を理由に、普通学級に入学できなかった中学一年生の時、

「特殊学級入級措置取り消し」 を求めて 裁判 を起こされました。

結果は・・・。第一審判決で訴えを棄却。控訴するが、二審判決も一審と同様。

この時既に高校生になっていて、実質的な訴えの利益がないため上告はしなかったそうです。

結果的には、「敗訴」したわけですが、

途中、裁判所から、「校長が裁量権を逸脱したとの主張」

(普通学級で通える能力があるのに、校長が裁量を間違えたとの主張)

で争わないか?と打診されたそう。

これなら勝てるかもしれない!と、親を含めた周りの大人たちは

「裁量権」で争うことを望んだのですが、恵さんはそれに反対した。

もし、「裁量権」で勝つことになったら

自分自身は、普通学級に通えたとしても、自分より障害が重い人や知的に障害がある人は、通えなくなってしまう。

裁判の結果が、分け隔てる事になってしまう事は、自分の意志とは違う。

「普通学級か特殊学級かを選ぶのは校長ではなく、本人と親」

という主張を断固として崩さず「裁量権」で争わなかったのだそうです。

(ただ、敗訴ではあったけれど、この裁判後は親の意向を無視してまで、

無理やり養護や特殊に入れる自治体は減ったのだのだそうです)




すごいです。すご過ぎです。

14歳の女の子がこれほど強い意志を持てる事にとても驚きました。

とにかく圧倒されたって感じです。


忘れないでおきたいのは、こうやってく強く訴えてきた人達がいるから、

世の中が変わってきたということ。

今、ゆうちゃんがフツウに地域の学校へ通っているのも、

行政と戦ってきた親や当事者達がいたから・・・。

感謝の気持ちは忘れずにいたいです。













スポンサーサイト
2005.10.31 Mon l BF研 l COM(0) TB(1) l top ▲
韓国料理を習いに行ってきました♪

作ったのは・・・

キンパプ(韓国式海苔巻き)とピピンククス(辛いそうめん)

20051027222741.jpg



どちらもいい感じに出来上がりました。


キンパプというのは、日本の海苔巻きと似てるんだけど

ご飯は、酢飯ではなく、ごま油と塩と胡麻を合えたもの。

中味は、豚肉をタレに漬け込んで炒めたものとキムチ。

これがとっても美味しかったんです!!!


韓国人の先生がおっしゃるには

韓国料理は、それぞれの家庭で味付けが違うので同じ味というのが絶対にない!と。

でも、それってその通りですよね。

全く同じ素材を使っても、決して同じ味にはならないですもんね。


ある写真家が言ってました。

写真と料理って似てるんだって。

同じ物を撮っても撮る人によって全然違うから。

写真も料理も、気持ちを込める!ってのがスパイスなのかも?

2005.10.27 Thu l お料理・その他 l COM(2) TB(0) l top ▲
学校への登下校。

一年生の時からの事を思い出してみると、随分スムーズに通えるようになってきました。


普通に歩けば、10分でたどり着く距離ですが・・・

ダダをこねて座り込んでしまった日。

途中にある家の門が開いているのが気になって、開いている門を全部閉めながら歩いた日。

一本の樹が気になって、そこから動かなくなってしまった日。

10分でたどり着く日があれば、40分かかる日もありました。


最近のこだわりは、お気に入りの家の庭からの景色を覗くこと

(これは一時なくなったのですが、再来) と、

マンホールの右を歩くか左を歩くか?

という新たなこだわり。

マンホールは、またいだり、踏んだりせず、必ずどちらかを回るように歩きます。

しかも!!行きは右側、帰りは左側、と決めているみたいなんです(笑)

こだわっているわりには、いい加減なゆうちゃんで、、時々回るのを忘れる時があるんです(^。^;) 

一番危ないのは・・・道路の真ん中にマンホールがある時。

覚えていて、すんなり道路を渡った時はいいのですが、

マンホールがあったことに渡ってから気づくと・・・

「あっ忘れた!」って感じで、振り返って戻ってやり直し。(^。^;)

車がきててもお構いなしに戻ってしまうのが、今、一番の登下校の悩みです。


6年生になる頃には、「一人で登校する!」というのが今の目標。

少しずつゆうちゃんと距離をとって歩く事を心がけています。

いつか、「いってらっしゃ~い」 とゆうちゃんを見送れる日が来るように・・・

がんばりますe(^。^)g_!!



2005.10.26 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
松本先生のおはなし②

この日は『欠格条項』について。

視覚や聴覚に障害があると、医者になれない。

医師免許を取れないし、途中から障害を持つことになれば、免許を取り消される。

医師法はそう定めている。 (=欠格条項)


なぜ?

「それはそうだろう」 と多くの人は思うかもしれません。

「命をあずかる仕事だから」 障害があるとできない・・・と。

でも・・それってホントにそう?

医師と言えども色々な現場があります。

手術をする場合など、耳が聞こえなければ、目が見えなければ、絶対にできない現場があるのは確かです。

でも、例えば、放射線医・麻酔医など聴覚障害があっても出来る現場もあります。

もっと言えば・・・聴覚障害のある人が患者の場合。

聴覚障害のある医師や看護師がいてくれたら、うんと意思の疎通がしやすい。と言う。

この欠格条項は、2001年にやっと法律が改正されることとなり、削除されることとなりました。

『命をあずかる仕事だから・・』と余りに抽象的すぎる理由で、

ほんの少し前まで、障害のある人は、医師や薬剤師、看護師にはなれなかったのです。


松本先生は、この欠格条項を例に挙げて、

物事を具体的に考えよう!

抽象的スローガンに惑わされないように!

と強くおっしゃっていました。


2001年まで改正されなかった欠格条項。

これって、障害ある人もない人も一緒に育ってきたなら

きっと感覚的に何かヘンだ!と感じると思うのです。


乙武さんの本の中に出てくる「登山」のエピソードにも・・・

大人は最初から、乙武君が山へ登るなんて無理だろう・・と判断をしていると

「そんなのずるいーー!」と子ども達から声があがったというのがあるように・・・

一緒に過ごしていると、「障害があるから出来ない」 ではなく

「どうやったら一緒に出来るか?」を考えていくことになると思うのです。


障害がある子もない子も一緒に学んで育っていく事が、

物事を具体的に考える感覚を自然と育てていくのではないかな?

と思うのでした。







2005.10.24 Mon l BF研 l COM(2) TB(0) l top ▲

ゆうちゃんが、突然に気になりだしたもの。

それというのが・・・ 

昨夜、チチと夜の散歩中。

(最近、チチが早く帰宅できた日には、ゆうちゃんと夜の散歩に出かけるのです)

外灯の下を通り過ぎた時、突然に動いた黒い自分の影にハッとなったそうなのです。

それから気になって・・影を追って行き来を繰り返したそうなのです。

しばらく繰り返しても、自分の思ったように動かなかった影にあきらめた様子?で

ちょっとイライラする気持ちを切りかえて、帰ってきたそうなのです。


今朝、登校しながら・・・

さて、影の事を気にするのかなぁ?と楽しみに様子を見ていると

チラッチラッと影を意識しているゆうちゃん。

あんまり深くは考えんとこーーと思っているのか?

時々チラッと影をチェックしているゆうちゃんなのです(笑)


そんな姿を見て・・・

村上春樹の小説「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」 を思い出すのは、

きっと私だけでしょうね(^。^;)

「世界の終わり」では、街へ入る為に自分と影とを切り離さなくてはなりません。

人は影ナシで生きていけないし、影は人ナシでは存在しないのに・・

その街では、人と影とが二つに分かれたまま存在し生きていくのです。

先日、村上モトクラシという新潮社のHPで、

(ここはまさしく!春樹さま好きの為のサイトです♪)

あなたは、小説「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」では

「世界の終わり」と「ハードボイルドワンダーランド」のどちらが好きですか?

という質問があったのですが・・・

私は「世界の終わり」が好きっ!

出来るなら「影」と会ってみたいなーと思っていた所でした。


ゆうちゃんと影。

なんだか不思議な感じです・・・。








2005.10.19 Wed l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
おしゃべりMother's 久しぶりの更新です!

更新は久しぶりなのですが、活動は変わらず細々と続けております♪

「おしゃべりMother's」のこれまでの内容は、ヤフーブログをご覧下さい!


今日も、スタッフ+参加者で話が盛り上がりました。

この会に参加してくれる人の中には、

いつもは、他の「親の会」などで自分が話を聞く立場になっている人もいます。

色々な人の話を聞き、自分の経験談などを話して、

アドバイザー的な役割をしている人も、聞くばかりではストレスが溜まります(^^;)

そんな人がここに来て、ホッと出来る場所になれることも、とても嬉しい事です!


親の会であれ、何であれ、人が何人も集まると

楽しい事もあれば、いろんなトラブルも起こってきます。

考えは人それぞれ、十人十色なので、とても難しいです。

どんな会であれ、運営していくのってホントに難しい事なんだなぁーとしみじみ感じます。


最近、いろんな人の話を聞きながら思うことは・・・

障害があるとかないとか、勉強が出来るとか出来ないとか、

どんな仕事をしているか?とか、年が上だとか下だとか・・

そんな事は、生きて行く上であんまり重要な事ではないんですよね。

その人がどんな考えをもって、どう生きて行くか?

結局はそれが全てなんですよね。

このブログの紹介にも書いているように

「人生万事塞翁が馬」

何が幸せで何が不幸かなんてわからないもの。

自分がどう思うか?で、幸せにも不幸にもなるんですよね。

どうせなら人生楽しく幸せに生きていきたいなーと思う

ケセラセラなB型のkeropakiなのであります。(笑)












2005.10.18 Tue l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は、二学期が始まって最初のクラブの日でした。

ゆうちゃんの学校では、4年生になるとクラブに参加ができます。

3年生の終わりにクラブ見学をして、何クラブに入るか?を決めておきます。

ゆうちゃんが選んだクラブは、「まんがクラブ

漫画を読んでも書いても良い!というなんとも素敵なクラブです♪


学校帰りに先生が・・・

「クラブで作った作品がかばんに入ってるから見てあげてね」

と言って下さるので、早速開けてみました!


20051017231317.jpg



20051017231332.jpg



ん??これは何の絵だろう??

全然わかんなくて( ;^^)ヘ..

ゆうちゃんに聞いてみることにしました。

「ゆうちゃん、これなに?」

と聞いてみると

りんご

むし

とハッキリ言うのでビックリ\(◎o◎)/

確かに・・「りんご」と「むし」ですよね!!!!

りんごもむしも家では全く描いたことがなかったので・・・

どうやって描いたんだろう?

写真か絵を見て描いたのだろうか?

明日、先生に聞いてみようと思います!

でも、ハッキリ「りんご!むし!」と言ったのにはホント驚きました。
2005.10.17 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
先週から、後期の講義&BF研が始まりました♪

(なかなか更新できてないんですけど(^^;))



今週は、聴覚障害がある弁護士さん。

耳が全く聞こえない弁護士。松本先生のお話を聞かせて頂きました。


松本先生は、小学校三年生の時に高熱を出し、

耳が聞こえなくなってしまったそうなのです。

戦後の、焼け野原の大阪。

残っている大きな建物が中央郵便局と大阪駅だけだった時代。

父親は、熱を下げる為の「氷」を買うのに、3時間も自転車で走り回らなければならなかった時代です。

耳が聞こえない事がわかってから、

近くの医者では治らない事がわかると、大きな病院で診察を受けることに。

そこで治らない事が分かると、

次は有名な耳鼻科を探しまわってあちこちの病院を渡り歩いたそうです。

それでも治らない事がわかると。。。

最後に行き着くところは「祈祷」だったそうです。

本人自身は、耳鼻科へ行き始めた辺りで、もうあきらめていたそう。

父親もその辺りで同じように、あきらめていたそうなのですが、

あきらめきれなかったのが母親だったそうです。

どうしても!!と神社へ連れて行かれ・・・

山伏のような格好をした人に、口含んだ水を顔にプッーと吹きかけられたそうです(>_<)

「こんなんで治る訳ないで」と子どもながらにも思った。

と先生はおっしゃっていました。


でも!母親ってそうなんですよね。

何としても治してやりたい!!

出来る事なら自分が変わってやりたい!

きっとそんな思いだったんだと思います。


その後・・・

地元の小学校と週に一回聾学校との両方へ通ったという先生。

地元の小学校では、授業にはついていけたけれど、友達の輪の中に入っていくのが難しかった。

例えば、目的のある会話は出来るけれど
(ゆっくり話してもらったり、書いてもらったりすればわかる)

目的のない会話ができない。
(バカ話でみんなが笑った後に説明してもらっても笑えない・・・)

それが、聾学校へ行くと、手話でペチャクチャおしゃべりが出来る!

週一回の聾学校での手話でのおしゃべりが自分自身の解放になり、バランスが取れていたんだと思う。

と先生はおっしゃっていました。


障害があるなし関係なくお互いを分かりあうことは大切な事です。

でも、同じ障害がある人同士が一緒にいて、理解しあえることも必要だし、それが、心地よい場であれば素敵なことだなと思いました。



2005.10.15 Sat l BF研 l COM(0) TB(0) l top ▲
原題 「・・・ing」の試写会へ行ってきました。


小さい頃から病気がちで、病院での生活がほとんどの「ミナ」。

ミナの母「ミスク」はあと少ししか生きられない人生を病院で終わらせるのは辛い・・・と

退院して、自宅で生活する事を選びます。

そこに現れるカメラマンの青年「ヨンジェ」

人なつっこく近づいてくるヨンジェのペースに少しずつ心を開いていくミナ。

だんだんと惹かれあっていく二人。


でも、この出会いには仕掛けがあったのです。

愛する娘に、残された短い時間を幸せに生きて欲しいと・・

ヨンジェとの出会いを仕掛けるミスク。

仕掛けから始まった出会いだけれど次第にミナに引かれていくヨンジェ。

一見、二人のラブストーリーのように見える映画だけれど

これは、母と娘の深い愛の話に感じられました。


映画を観て・・

こんな母の愛の表現もあるんだなーとなんだか感動しました。

例え短い命だったとしても、きっとミナはミスクの子どもの産まれて
幸せだったろうな・・

と感じられて、

ゆうちゃんは私の子どもに産まれてよかったと思ってくれるのだろうか?

いま、幸せと感じてくれてるかな?


そんな事を考えさせられた映画でした。


一度しかない人生。

今を幸せ・・と感じながら生きていきたいですね!



『アメノナカの青空』 12月  シネ・リーブル梅田 ロードショー
【監督・脚本】
  イ・オニ 
【キャスト】
 ミナ  / イム・スジョン
ヨンジェ / キム・レウォン
ミスク  / イ・ミスク










2005.10.14 Fri l 本・アート・音楽・映画 l COM(0) TB(0) l top ▲
二学期に入ってから・・・

ゆうちゃんは、絵を全く描かなくなりました。

夏休み中、あんなに描いてた『地図』も

今は、画用紙と鉛筆が置いてあっても見向きもしません!



ゆうちゃんの『絵画の歴史』は、ずっとこんな感じ。

集中的に何枚も何枚も描く時期があるかと思うと・・・

突然、ピタッと描かなくなるのです。

(描かない時期に入ると、いくら誘っても絶対に描かない!)

そして、また突然に描き始める・・・。

そして。

次に描き始めた時には、すっかり絵が変わっているんです♪


最近になって

それって、ゆうちゃんなりに充電期間を作ってるのかも?と思うようになりました。


次に描き始めた時にはどんな絵が見れるのか?

それを楽しみに・・・たくさんの経験を重ねていきたいと思います(*^^*)



2005.10.10 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
今日は、交野市にある府民の森「ほしだ園池」へ行ってきました!

「星のブランコ」と言う全長280mある吊橋を渡って、山歩きを楽しみました♪

20051009200604.jpg


天気は良く、景色はさいこぉー! 

歩くと汗が出るけど、木陰に入るとヒンヤリ・・・という気持ちの良い一日でした。

ここには、「クライミングウォール」があり、クライミング体験ができるのです♪

残念ながら・・本格的にやるには講習を受けなくてはダメで、

ちょっぴり体験だけしてきました。

さすがっ運動神経抜群のゆうちゃん!

簡単にひょいひょいと登っていきました。

ぜひ、今度は講習を受けて本格的に登ってみたいです♪


20051009200619.jpg


ファイトーいっぱぁーっつ!!
2005.10.09 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
来週、ゆうちゃんの学校では6年生が「修学旅行」へ行きます。

行き先は・・・ 「伊勢志摩」 パルケ・エスパーニャ ~ 鳥羽


そうです!

先週の伊勢旅行は、ゆうちゃんが二年後に行く修学旅行を意識しての旅行でもありました。

修学旅行で、ゆうちゃんの大好きな遊園地へ行けるのはとても嬉しい事。

でも、初めての場所はやっぱり戸惑います。

大好きなジェットコースターに乗るのも、何度も目で見て確かめてからしか乗れないので、

エンジンがかかるのが遅いのです。

先日、 『ピレネー』 に乗ったのも閉園前の最後。

他の乗り物に乗りながら・・・何度も『ピレネー』を確認して・・・

やっと乗ったんだけど、一回しか乗れず。

もっと乗りたかったゆうちゃんは、泣いてゴネてしまいました(>_<)

まっそれは、予想通りの行動。


来年、もう一回パルケへ行って、

修学旅行までに、全体を見渡せるようにしておけば

きっと泣かずに楽しんでこれるはず!


「修学旅行」

・・・きっとゆうちゃんより私の方が不安なんだろーな(^^;)












2005.10.06 Thu l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
伊勢旅行二日目は、『伊勢神宮』へ行ってきました。

とりあえず・・『内宮』を参拝しようと行ってみたのですが、

予想通り、参拝順路には全く従ってくれません(^。^;)

仕方なく・・いつも通りゆうちゃんの行く方向へ着いていくと

たどり着いた所は、『正宮』から離れた別宮の『風日祈宮』。

20051003215430.jpg


鳥居と建物がある白い石の部分は、立ち入り禁止になっていてロープが張ってありました。

スタスタとこの前にたどり着いたゆうちゃんは

な、なんと・・・

何の躊躇もせずロープをくぐって中へ入っていってしまったのです!!

少し離れて歩いていた私とチチが止める間もなく入っていってしまい

「ゆうちゃん!そこは入ったらダメ!!」と声をかけはしたものの

中に入って止めに行って良いものか?

(「伊勢神宮」ともなればやっぱり安易に立ち入れない雰囲気があり)

一瞬迷っていると・・・

「ぼく!!でなさい!!」

とあわてて警備の人が走ってきたのです。

(さすが 「伊勢神宮」 警備もすごい)

「はやくでなさい!!」

と警備員に引っ張られて・・・

(それでもまだ行こうとするゆうちゃんにかなり怒った顔の警備員)

ロープの外へ連れ出されたゆうちゃんでした。

一体この子はなんなの??みたいな顔をしている警備員さんに

ちゃんと謝りなさい!と・・

「ごめんなさい」を言って、元来た道を戻ることに(>_<)

結局、『正宮』へはたどり着けず、お参りもせずに帰ってきたのでした。

ちょっと慌てた出来事でしたが・・・

入ってはいけない所に入ったゆうちゃんが悪いのです。

怒られる事もいい経験だったと思います。


一泊二日の伊勢の旅。

たくさんの事を経験でき充実した二日間でした(^。^)v















2005.10.03 Mon l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
「パルケ・エスパーニャ」で遊んだ後は、

「エクシブ鳥羽」に宿泊しました。

ここは会員制のとても素敵なホテル♪♪

ゆうちゃんを連れて、きちんとしたホテルに泊まるのは今回が2度目です。

今まで旅行へ行くときは、

別荘だったり、友人の家だったり、民宿だったり・・・で

せっかく旅行へ行くのだから、気を使わずに済み、

ゆうちゃんが楽しめる!ゆうちゃんの事を理解してくれる!場所ばかりを選んできていました。


ですから・・・「ホテル」に泊まるのはちょっとドキドキ。

しかも食事は、きちんとした中華料理のレストラン。

周りの人の目もちょっと気になります。

そんな中・・・

いつもご飯を食べる時、

右手でお箸を持ちながら、ついつい左手でご飯をつまんで食べているゆうちゃんが、

ちゃんとお箸を使ってご飯を食べているんです!!!

ゆうちゃんなりに、雰囲気をちゃんとつかんでるんですねぇ~。


たまにはこうやってホテルに泊まって、マナーを身に着ける事も

ゆうちゃんにとっては、生きた勉強になることをとても感じました。

我が家の家計では、そうそうホテルに泊まることは出来ませんが(^。^;)

また行ってみたいと思います。

20051002222623.jpg


XIV鳥羽アネックス
とってもリゾートしてて素敵なホテルです。
ゆうちゃんはこのプールに入りたくって・・部屋の窓から釘付けでした(^。^;)
今度は夏に来てこのプールで泳ぎたいなぁー
2005.10.02 Sun l 今日のゆうちゃん l COM(0) TB(0) l top ▲
20051001210606
伊勢志摩スペイン村。パルケ・エスパーニャに来ています!

今日は、一日限定:入場料(パスポート込)なんと1000円!!という格安チケットが手に入りやってきたのですが…人・人・人!!

パルケが混む事なんてない!と聞いていたのに…

ほとんどが40分待ち状態。

やっぱり1000円だと人は集まりますよね(^_^;)

お目当ての急流すべり3回。ジェットコースター3回に乗り… 可愛くメリーゴーランドに乗った後、最後のトリに…

『ピレネー』に乗ってきました(^^)v

身長130㎝以上。10歳からしかは乗れない吊り下げ式の絶叫コースターです。

乗った感じは…かなぁ~りお気に召した様子。

あーぁ。次回来る時には、ピレネー20回に挑戦!なんて事になるのでしょーか…(@_@)
2005.10.01 Sat l 今日のゆうちゃん l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。